国内

「週刊ポスト」本日発売! 那須川天心vs武尊に「反社」トラブルほか

 5月9日発売の「週刊ポスト」は、スクープ満載の必読号! 格闘技ファンならずとも注目する那須川天心vs武尊の「6.19頂上決戦」に水を差す衝撃トラブルをスクープする。最下位に低迷する阪神タイガースの矢野監督には「自己啓発セミナー傾注」の驚愕証言が。さらに、秋篠宮皇嗣の「小室圭さんはパラリーガルのままでよい」という肉声も明らかにする。連休ボケも吹き飛ぶ破壊力抜群の一冊です。

今週の見どころ読みどころ

◆那須川天心vs武尊「仕掛け人」に「反社交際音声」流出トラブル
キックボクシング界の「頂上対決」がついに実現することになった。那須川天心は41戦全勝、武尊は40勝1敗で、ともに史上最強の呼び声が高い。その二人がついに初めて対戦する。ところが、その一戦を実現させた名プロモーター、RIZINの榊原信行CEOの「反社交際音声」が流出し、雲行きが怪しくなってきた。詳細は本誌でお読みください。

◆阪神・矢野監督が傾倒する自己啓発セミナー講師
低迷する阪神の球団内で、矢野監督の「ある言葉」に疑問の声が高まっている。インタビューなどでやたらと連発する「波」「ビッグウェーブ」という発言は、実は同氏が傾倒する自己啓発セミナー講師の影響なのだという。その人物は「予祝メンタルトレーナー」で、「スーパーブレイントレーニング認定1級コーチ」だという。矢野氏の数々の奇行も証言され、勝てない虎の危ないチーム事情が見えてきた。

◆秋篠宮の告白「父に冬の池に投げ込まれました」
皇族の肉声が公になる機会は少ない。まして、公式の記者会見以外の発言となれば、ほとんど目にする機会はない。長女・眞子さんの結婚をめぐって批判も受けた秋篠宮皇嗣と30年来の親交があるジャーナリスト・江森敬治氏は、世間で報じられる秋篠宮像が自分の知る姿とあまりにも違うことから、異例のインタビュー本『秋篠宮』を書いた。その内容をいち早く公開する。小室圭さんについては、「パラリーガルのままでよいですよ。いまのお仕事が定職ですよ」と語り、さらには幼少時に父(上皇)に冬の池に投げ込まれたという仰天エピソードも披露している。

◆佐野史郎「多発性骨髄腫で死にかけて復帰するまで」全告白
昨年5月、多発性骨髄腫と診断されて仕事から離れた佐野史郎が、この1年間に何があったのか詳細に告白した。辛い闘病と仕事への思いを明かしたうえで、「やはり一瞬一瞬を味わうことに勝る幸せはない」と語った。

◆知床沈没事故「ロシアが本気だったなら漂流者を見失うはずがない」
船体が見つかっても行方不明者はいまだ多数。海流から推測すると、犠牲者が漂流したとすればロシアが占拠する北方領土周辺に流されてしまった可能性がある。4月末にロシア国境警備局から海上保安庁に、「漂流者を発見したが、荒天で見失った」と連絡が入ったが、海洋学の専門家は、「積極的に探しているなら救命胴衣を着けた漂流者を見失うとは考えにくい」と疑問を呈した。

◆対局を前にした宿敵・永瀬拓矢が藤井聡太の師匠・杉本八段と“聡太対談”
藤井聡太竜王と、宿命のライバルである永瀬王座が初めてタイトル戦(棋聖戦)で激突する。それを前に、永瀬王座と杉本八段が対談した。二人が杉本八段の研究室で練習将棋を重ねるようになった経緯から「忘れ物事件」まで、棋界の秘話が次々と飛び出した。

◆日本を支配する10大新宗教の「カネと票」
創価学会はじめ、日本を代表する10の新宗教の集金力や集票力、政治的スタンスなどを徹底解剖する。今回行ったアンケートでは、「岸田政権を支持するか」「防衛力強化に賛成か」「4回目ワクチンに賛成か」といったキワドイ質問もぶつけた。

◆「横浜高校の野球部監督による暴言とイジメで退部」告発の波紋
元プロ野球選手の小野剛氏がFacebookで爆弾告発した。横浜高校野球部で将来の主砲と期待された次男が退部を余儀なくされたのは、監督による暴言とイジメがあったからだと訴えたのである。名門野球部で何が起きているのか――。

◆元稀勢の里「おかみさん隠し」はいつまで続く?
今年1月に結婚したことを隠してきた元横綱・稀勢の里の二所ノ関親方だが、ついにマスコミにバレて公表した。しかし、お相手の写真すら提供せず、いまだ謎が多い。部屋持ち親方の妻であれば、通常は「おかみさん」として部屋の切り盛りを支えるものだが、あまりに徹底した「おかみさん隠し」に周囲も困惑している。

◆ロシア「経済危機」は北方領土を取り戻す最大のチャンスだ
筑波学院大学の中村逸郎・教授は、ウクライナ戦争によるロシアの経済危機が北方領土を取り戻す契機になると分析する。すでに北方領土に住むロシア人たちの生活は破綻寸前になっており、日本の支援なしには立ちいかなくなるのも時間の問題だという。

◆「無添加」表示禁止でますますはびこる「危険な食品添加物」リスト
消費者庁は3月、「食品添加物表示制度」を改正し、「無添加」や「〇〇不使用」の表示が禁止された。「法律で認められた添加物を使っている食品が危険だという誤解を与える」からと言うのだが、これによって手間と技術をかけて添加物を減らしている業者は窮地に追い込まれている。このままでは、そうした食品は市場で淘汰され、添加物だらけの食品ばかりになってしまう。この改正の問題点と、日本以外の国では「危険」とされている添加物を取材した。

◆<袋とじ特集>これは嵐の前の静けさか……「地下天気図」に異常アリ!
「地下天気図」とは、東海大学海洋研究所の長尾年恭・客員教授が開発したもので、地下の地震活動をビジュアル化したマップだ。その最新データでは、大地震の前兆になることがある「静穏化」エリアが列島周辺に4か所あることが示されている。逆に、顕著な「活発化」を示したエリアもあり、こちらは1年半前から何らかの理由で地面が隆起し続けているという。

◆ついに逮捕者を出した「日本版Qアノン」を直撃!
「Qアノン」はアメリカで広がった陰謀論者の集団で、トランプ前大統領を熱烈に支持して過激な活動を繰り広げた。ワクチン懐疑論でも知られ、「コロナはでっち上げ」と主張する。その「日本支部」を名乗る同調者たちが、ついに事件を起こした。ワクチン接種を行う病院に乗り込み、建造物侵入の容疑で逮捕されたのだ。メンバーを直撃すると、「コロナウイルスの存在は証明されていない」「今のバイデンは別人が入れ替わっている」などと、荒唐無稽に思える主張をまくしたてた。

◆<撮影・岩合光昭>愛犬&愛猫の「老いじたく」事典
現代はペットも長寿化、高齢化が進んでいる。犬も猫も10年生きるのは当たり前、20歳という超高齢も珍しくなくなった。それだけに、老いたペットへのケアや、心身の障害を負った際の対処が大事になっている。愛犬、愛猫の「異変」の見つけ方や治療法、さらには介助器具や老犬ホーム事情まで、添い遂げるための知識と心構えをまとめた。

※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!

関連記事

トピックス

のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
江川卓、連続三振にまつわる新事実が明らかに(写真/共同通信社)
《江川卓、1984年オールスター8連続三振》40年目の真実「あの日は肩が痛くなかった」、バッテリーを組んだ中尾が明かす「パスボールしろよ」発言
週刊ポスト
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン