ライフ

【新刊】アジアを舞台に活仏転生から食糧危機までを描く『香君』など4冊

 暦の上では夏が始まり、汗ばむ日も増えてきたこの時期。涼しい部屋のなかで読書を楽しんではいかがだろうか。おすすめの新刊4冊を紹介する。

『香君』

『香君』

『香君』上橋菜穂子/文藝春秋/上下巻各1870円

 幼い頃からニオイの発する“感情”が分かるアイシャ。帝国の視察官マシュウの一計で活き神様「香君」に仕える。帝国が各藩を統べてきた道具=奇跡の稲に迫る“病害”。 アイシャは植物、昆虫、微生物、土壌などが互いに影響し合うシステムの不思議にも目覚めていく。けなげな少女の冒険ファンタジーにして飢餓や飢饉に関わる統治小説でも。上橋さんならではの奥深い世界だ。

土偶

『土偶を読む図鑑』

『土偶を読む図鑑』/竹倉史人/小学館/1980円

 縄文の土偶は人体像ではなく「植物をかたどった精霊像」。考古学会がどん引きする新説でサントリー学芸賞を受賞(2021年)した著者が豊富なヴィジュアル素材で自説を解説。ぼってり腰もユーモラスな「縄文のビーナス」がトチノミとマムシをかたどったものだったとは(俯瞰で知る頭部の模様にびっくり)。堅果類、穀類、芋類などのモチーフから縄文人の暮らしの実像が立ち上がる。

『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』

『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』

『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』/東畑開人/新潮社/1760円

“人に迷惑をかけない”という考え方ってすごく淋しい。共同体(お互い様)の消滅に思えるから。著者は現代をこう見る。社会が断片化、個人が孤立し、夜を航海する小舟のようだと。そんな時代特有の悩みや苦しみに光を当て、具体的に“こんな考え方はどうですか”と補助線を引く。短期のケアと長期のセラピー、どちらにも効く。著者の発明と言いたくなる寄り添い文体も画期的。

『やめるな外科医』

『やめるな外科医』

『やめるな外科医』/中山祐次郎/幻冬舎文庫/693円

 シリーズ1作目で25才の研修医だった雨野隆治も、この4作目では30才。放置すれば死んでしまう手術を頑として拒む老女、多発性骨転移で衰弱していく若い葵、恋人はるかに突きつけられた別れ、任された手術は成功したと思いきや患者が術後出血し……。こんな誠実で素敵な医師がホントにいるの!?と汚れた大人の心で思うけれど、やっぱり今回もじんわり感動。涙腺がゆるむ。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年5月26日号

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト