芸能

上島竜兵さん『竜兵会』行きつけの店が明かす「後輩全員奢り」「残された専用グラス」

有吉とツーショットでのぞんだ映画『上島ジェーン』のイベント

有吉とツーショットでのぞんだ映画『上島ジェーン』のイベント

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(61)が亡くなった。上島さんは1961年生まれ、兵庫県出身。もともと俳優を目指して上京したが、テアトルエコー養成所で寺門ジモン(59)と出会い、お笑い路線に転身。1985年に寺門、肥後克広(59)、南部虎弾(70、後に脱退)とダチョウ倶楽部を結成し、熱々おでんや熱湯風呂などのリアクション芸で人気を博した。

 上島さんは、自他共に認める飲み好きで、お笑い界の一大グループ“竜兵会”の中心メンバーだった。ブレイク前の有吉弘行(47)や土田晃之(49)を目にかけて、現在の活躍ぶりに上島さん自身も「あいつらがこんなに売れるとは」と驚いていた。どん底時代の有吉を支え、10日連続で飲みに行ったこともあったという。

 面倒見は良くとも、上島さんは決して先輩風を吹かせるような人物ではなかった。誰に対しても別け隔てなく接するからこそ、周囲に自然と慕われた。

「大物芸人なのに、後輩にイジられても全く怒ることなくニコニコしている。酔うとノリノリですが、普段はちょっと人見知りな大人しい方でした」(若手芸人)

 後輩芸人から気軽にイジられるようになったきっかけも、実に上島さんらしい。

「昔は当然、後輩たちも上島さん相手に緊張して接していました。ですが、あるとき、酔った上島さんが『俺はこれからどうしたらいいんだ』と飲み会中に泣き出したことがありました。先輩芸人にいろいろ相談するつもりが、まさか逆に半泣きで相談されるとは……。その一件で後輩との距離がぐっと縮まったと聞いています」(テレビ局関係者)

 竜兵会御用達の店のスタッフが、上島さんの人柄を振り返る。東京都中野区にある韓国料理店『オジャンドン』は、上島さん専用のグラスまで置いていた。上島さんは明け方に来店することが多く、店主夫妻とも親しく交流していた。かつてキープしていたボトルには、ダチョウ倶楽部や出川哲朗らのフィギュアが飾られていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト