芸能

上島竜兵さん逝去 ダチョウ初代リーダー・南部虎弾が語る「改名時の『シーッ!』の逸話」

思いを語った南部虎弾

上島さんへの思いを口にした南部虎弾

 お笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』の上島竜兵さんの逝去に、悲しみが広がっている。中でも突然の訃報にショックを隠しきれないのが、親交の厚かった『電撃ネットワーク』の南部虎弾だ(70)。

「信じられなくて呆然としています。上島はまだ61歳。お笑いだけでなく、俳優としても幅が広がっていたのに……あまりにも残念です」(以下、カギカッコ内は南部)

 ダチョウ倶楽部は1985年、上島さん、南部、肥後克広(59)、寺門ジモン(59)で結成され、南部が初代リーダーを務めていた。

「『コント赤信号』の渡辺正行さんが若手の登竜門のコント大会を主催していて、出場するために4人でグループを組んだのが始まりです。上島は結成当時から一番の気遣い屋で、とにかく優しい奴でした。それでいてすぐ泣く“泣きの芸人”でもあった」

 南部は当時の上島さんについて忘れられないエピソードがあるという。結成直後、『キムチ倶楽部』という芸名で活動していた4人だが、改名しようという話になり、喫茶店で話し合っていた。

「僕が、先輩の『コント21世紀』(現・ホームラン)みたいな名前をつけたら、21世紀になったら何も出来なくなるし、絶対売れないからなと言ったんです。すると、上島が僕の顔を見ながら『シーッ、シーッ』とリアクションするんですよ。何してんだろうと思ったら、後ろの席にコント21世紀の人たちがいてね(笑)。コントみたいなやりとりだったなぁ」

 結成から2年後に南部が脱退し、肥後がリーダーになったダチョウ倶楽部は『お笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)でブレイク。お茶の間で見ない日はなくなったが、上島さんは南部への恩義を忘れていなかった。

「僕はダチョウ倶楽部をクビになったんですが、そのことを気にしてか、その後も会うたびに『申し訳ない』と謝って、いつも心配してくれていました。上島が志村(けん)さんと仕事をするようになってから、『この人が自分をここまで引き上げてくれたんです』と、志村さんに自分を紹介してくれたこともありました」

 最後に南部は、ぽつりとつぶやいた。

「今にしても思うと正義感が強くて、納得できないことを自分のなかに溜め込むタイプだったのかなぁ……だからこそ、テレビでは笑顔で弾けることができたのかもしれない。一緒に仕事したことや、笑った顔は忘れません」

 早すぎる死を惜しむばかりだ。

【相談窓口】

「日本いのちの電話」

ナビダイヤル 0570-783-556(午前10時~午後10時)

フリーダイヤル 0120(783)556(毎日:午後4時~同9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時)

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン