コラム

「便利なのはわかるけど…」フードデリバリー利用に躊躇してしまう理由

フードデリバリーを使ったことがない人たちの声(イメージ)

 コロナ禍で、都市部を中心に急速に浸透した「フードデリバリーサービス」。自宅にいながら人気店や有名店のメニューを堪能できることから、日々の生活で重宝している人もいるだろう。その一方で、「魅力は感じるけど、まだ一度も利用したことがない」という人もいる。彼ら/彼女たちが、フードデリバリーの利用に躊躇してしまう理由は何か。リアルな声を集めた。

【写真】女性も増加、大きな黒バッグを背負い笑顔のフードデリバリースタッフ

メニューに割高感を感じる

「『フードデリバリーサービスを利用したことがない』と言うと、友人や同僚に驚かれます」と語るのは、メーカーに勤務する30代男性・Aさんだ。Aさんが住む家から、飲食店やスーパーなどが集中する駅前までは、急坂を上り約10分歩かなければならない。

「コロナ禍で、一気にみんな利用するようになりましたよね。確かに外出しなくても食料が調達できるフードデリバリーサービスは便利だと思います。特に僕が住んでいるところだと、駅前まで出かけるのが億劫になることもあるので、使ってみたいと思ったことはあります。実際、マンション内で頻繁に配達員を見かけますし、オーダーしたくなる人の気持ちはわかります」(Aさん)

 そんなAさんは、スマホにアプリをインストール済み。起動してメニューを見たことは何度もあるが、注文に至ったことはまだないという。

「何度見ても、やっぱり割高感で躊躇しちゃうんですよね……。配送料をはじめ、メニュー価格も割高な専用価格であることも多い。ファストフード店でさえ軽く1000円を超えてしまうのは恐ろしいです。それだけお金を払うぐらいなら坂を越えようと思うし、ただでさえ在宅勤務で家にずっといるのに、食料調達までデリバリーに頼ったら“怠けモノ”すぎると思ってしまい、結局、利用しないまま今に至っています」(Aさん)

自分で店に行ってテイクアウトした方が早い

 IT企業に勤務する20代女性・Bさんは、ファストフード店やスーパーなどへ徒歩5分圏内の恵まれた立地に住んでいることを「フードデリバリーを頼まない理由」に挙げる。

「繁華街に近いので、誰かに運んでもらうよりも、自分で店に行ってテイクアウトした方が早いというのが本音です。でも、同じような立地に住む友人は、頻繁にフードデリバリーサービスに使っていて、1回3000~4000円くらいかかっているようなので、価値観は人それぞれだなと思います。

 その友人に、『近くに飲食店はいっぱいあるのに、どうしてフードデリバリーを利用するの?』と聞いたことがあるんですが、友人は、『近くにない飲食店のメニューを頼む。なかなか行けないようなお店のものを、家にいながらにして食べられるのは楽しい』と言っていて、なるほどと思いました」(Bさん)

家から出られない人にはいいかもしれないけど…

「非常時ならともかく、普段は利用する予定はない」と言うのは、人材紹介会社に勤務する40代女性・Cさんだ。自らをフードデリバリーサービス向きの人間ではないと評する。

「一食のためにスマホをいじって注文して、デリバリーが到着するのを待つ時間があると、自分のペースを崩されてストレスを感じてしまう。ちゃんとしたものを作るのが面倒だったら、インスタントラーメンやレトルトでいいかなと思っちゃうんですよね。

 フードデリバリーで画像と全然違うものが届いたなんてトラブルの話も耳にしてしまうと、面倒そうだなと思ってしまう。でも、実は頼んでみたい気はあるんですよ。よくチラシが入っていて、それを見るといいなと思うんですけどね。家から出る暇もないくらい忙しい人や、動けない人にとっては便利なサービスだと思います。私も、病気で動けないような非常時にはお世話になるかもしれません」(Cさん)

 便利なフードデリバリーサービスを繰り返し利用する人もいる中で、その魅力はわかっていながらも、まだ手が出せずにいる人もいるようだ。

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン