コラム

「70才、無一文」で生活保護申請も通らず 高齢女性のパート生活のリアル

「70才で貯金ゼロ」の上、生活保護も断られて…(イメージ)

 高齢になった時、貯蓄も収入もなければ、生活保護を受給するという選択肢も出てくるだろう。だが、様々な事情で生活保護を断られた場合、どうやって暮らしていけばよいのか。貯金ゼロ状態で70才からパートで働き始めたという女性のリアルケースを見てみよう。

【家計簿】家賃や食費、通信費などの支出をまとめた岡田弓枝さんの家計簿

 36年間、14才年上の経営者の愛人をしていたという異色の経歴を持つ岡田弓枝さん(仮名・80才)。毎月50万円以上のお小遣いをもらっていたものの、きれいに使い切り、貯金はゼロ。

「彼は私にマンションを買ってくれたうえ、20年前に亡くなったときは2000万円ほど残してくれました。でも、ひとりになった途端、不安になって、ネットワークビジネスにハマってしまいました。商品を売らなければならないのに、人脈もなく在庫を抱えて途方に暮れてしまいました。あまりのストレスから、祈祷師や波動の先生にすがったら、逆にお金をむしり取られ、2000万円も使い切ってしまいました」(岡田さん・以下同)

 ほぼ無一文になり、生活保護の相談に行ったところ、

「あなたはまだ若いんだし、家もあるんだから働きなさい」

 と言われ、70才から給食センターの調理員のパートを始めた。

「自分の背丈くらいの木べらを使い、夏の暑い調理場で野菜炒めを作ったり、冬の寒い日には底冷えする水場であじの内臓を取り続けたり……。老体にはつらかったのですが、センター長が親切なかたで未使用の食材を分けてくれるんです。とても助かっています」

 パート仲間との仲もよく、10才ほど年下の女友達もできたという。みなそれぞれ、夫と離婚していたり、死別していたりで独り身が多く、「お互いに老老介護しようね」と言い合っているとか。

「若いシングルマザーの同僚もいて、彼女が夜の仕事に行くときは、お子さんを預かったり……。女同士で助け合っているからこそ、80才のいまも働けているんだと思います」

 とはいえ、年齢的にきついので、勤務は週4日、1日3~4時間程度。体が動くうちは、心強い女友達と共に働き続けるつもりだと、朗らかに笑う。

【プロフィール】
パート・岡田弓枝さん(仮名・80才)/千葉県在住。高校卒業後、ゴルフ場でキャディとして働く。24才のときに建築会社経営者の愛人になり60才まで共に過ごす。生涯独身。収入は年金約7万円+パート代約6万円。

※女性セブン2022年5月12・19日号

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン