国内

日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声

巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)

巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)

 東京・渋谷にある巨大ハプニングバーが摘発された。普段、ハプニングには慣れていたはずの愛好家たちも予期できなかった店内は、どのような状況だったのか──。

「動かないで!」

 バーカウンターやソファ、ダーツが備わる地下1階。ワイシャツにパンツ姿の男女数十人がローション入りの水鉄砲をかけ合って遊んでいる。その時、2階の「プレイルーム」では盛り上がった男女1組がいた。マジックミラー越しにその行為を見つめる観客たち。嬌声が飛び交う混沌とした空間に、突如大声が響いた。

「警察です! 動かないで!」

 なだれ込んできたのは、警視庁保安課の私服捜査員だった──。ゴールデンウィークも終盤となった5月7日の深夜。東京・渋谷のハプニングバー「眠れる森の美女」が摘発された。行為に及んでいた客の男女が公然わいせつの現行犯で、経営者の男(40)と従業員9人が公然わいせつ幇助の疑いで逮捕された(客の男女はすでに釈放)。

 当日は、ローションを水鉄砲に入れて参加者同士が打ち合うイベントが開催されており、男女約70人が来店していたという。ハプニングバーとは、会員制バーを装いつつ、実態は様々な嗜好を持った客が集い、ハプニングと称してわいせつな行為をする店のこと。摘発された「眠れる森の美女」はホームページで「日本最大級」を謳う大規模店で、警視庁によると2020年10月以降の1年半で5億円以上を売り上げたとみられる。常連客の30代男性が語る。

「オープンは15年ほど前ですが、幾度か店長が変わっています。客層は20~30代がメイン。建物は地上2階地下1階で、地下はクラブのような雰囲気です。1階は受付とロッカールーム、2階にプレイルームがあります。

 セキュリティがしっかりしていて、初回は身元を確認できる身分証を提示し、2回目以降は会員証を提示しないと入店できない。店内は撮影厳禁で、スマホはロッカーに預けないといけません。避妊具は店員さんに言えばもらえます」

 男性は入会金7000円で入店料金1万7000円、女性は入会金2000円で入店料金はゼロ。カップルの場合、入店料金は2人で8000円となっている。

「プレイルームはマジックミラーになっていて、内側から外は見えないけど、外からは見える仕組み。地下のバーでイイ感じになった客同士が、その場でハプることもあれば、2階のプレイルームに行ってするケースもあった」(同前)

 そのような場所で、本当のハプニングが起きたのが冒頭のシーンだった。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン