国内

【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)

こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)

こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)

 山口県阿武町が4630万円を誤って振り込んだ問題で、電子計算機使用詐欺の疑いで田口翔容疑者(24歳)が逮捕された。田口容疑者は警察に対し「オンラインカジノで使った」と容疑を認めていて、今後、金の流れについては解明される見通しが立ったと言える。今回の件は阿武町の誤振り込みが端緒となっているが、これまではっきりしなかったのは、なぜ463世帯の中で田口容疑者に振り込まれてしまったのかという点である。同町の中野貴夫・副町長は、田口容疑者の逮捕前に『女性セブン』のインタビューに応じ、その背景も含めて経緯を語っていた。(前後編の前編)

 一般的に考えれば、自治体から4630万円も間違って振り込まれたら「税金」だから怖くて使うことなどできないし、ましてやリスクの高いオンラインカジノで使うなんて考えられない。田口容疑者が「空き家バンク」制度で山口市から移住してきた人物であったことから「阿武町に愛着がなかったために、使い込んでしまったのではないか」という指摘もあるが、そもそも“よりによって、なぜ田口容疑者に振り込まれたのか”という疑問の声が上がっている。

不運その1──田口容疑者の口座が「メガバンク」だった

 ことの発端は4月8日だった。新型コロナウイルス禍で苦しむ世帯を支援する臨時特別給付金が、1世帯につき10万円、町から振り込まれた。ところが、それとは別に463世帯分=4630万円が、1世帯に誤送金された。中野副町長が語る。

「463世帯への10万円の振込先金融機関口座リストで、(正しい)振り込みは完了したのですが、そのリストとは別に、届けてしまってはいけない振込依頼書を(町の指定金融機関である)山口銀行阿武支店に持っていってしまったために、誤振り込みが起きてしまいました。

 新人のミスと書きたがるマスコミがいますが、犯人捜しはしません。本当にいろんなことが重なって起こったミスで、一人だけが悪いわけではありません。その、届けてはいけない書類のリストの一番上にあった彼(田口容疑者)に振り込まれてしまった」

 リストの一番上に、田口容疑者の名前があったことはすでに報じられている。しかし、五十音順では「た」は一番上に来るとは考えられない。なぜ田口容疑者だったのか。

「彼が指定してきた銀行が、メガバンクの宇部支店だったんです。ほかの住民の指定してきた銀行は山口銀行などの地方銀行や信用金庫などです。仕組みとして、リストの上のほうにメガバンクが載るようになっているんです。これ以上は、詳しく言えません」(中野副町長、以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン