国内

【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)

こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)

こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)

 山口県阿武町が4630万円を誤って振り込んだ問題で、電子計算機使用詐欺の疑いで田口翔容疑者(24歳)が逮捕された。田口容疑者は警察に対し「オンラインカジノで使った」と容疑を認めていて、今後、金の流れについては解明される見通しが立ったと言える。今回の件は阿武町の誤振り込みが端緒となっているが、これまではっきりしなかったのは、なぜ463世帯の中で田口容疑者に振り込まれてしまったのかという点である。同町の中野貴夫・副町長は、田口容疑者の逮捕前に『女性セブン』のインタビューに応じ、その背景も含めて経緯を語っていた。(前後編の前編)

 一般的に考えれば、自治体から4630万円も間違って振り込まれたら「税金」だから怖くて使うことなどできないし、ましてやリスクの高いオンラインカジノで使うなんて考えられない。田口容疑者が「空き家バンク」制度で山口市から移住してきた人物であったことから「阿武町に愛着がなかったために、使い込んでしまったのではないか」という指摘もあるが、そもそも“よりによって、なぜ田口容疑者に振り込まれたのか”という疑問の声が上がっている。

不運その1──田口容疑者の口座が「メガバンク」だった

 ことの発端は4月8日だった。新型コロナウイルス禍で苦しむ世帯を支援する臨時特別給付金が、1世帯につき10万円、町から振り込まれた。ところが、それとは別に463世帯分=4630万円が、1世帯に誤送金された。中野副町長が語る。

「463世帯への10万円の振込先金融機関口座リストで、(正しい)振り込みは完了したのですが、そのリストとは別に、届けてしまってはいけない振込依頼書を(町の指定金融機関である)山口銀行阿武支店に持っていってしまったために、誤振り込みが起きてしまいました。

 新人のミスと書きたがるマスコミがいますが、犯人捜しはしません。本当にいろんなことが重なって起こったミスで、一人だけが悪いわけではありません。その、届けてはいけない書類のリストの一番上にあった彼(田口容疑者)に振り込まれてしまった」

 リストの一番上に、田口容疑者の名前があったことはすでに報じられている。しかし、五十音順では「た」は一番上に来るとは考えられない。なぜ田口容疑者だったのか。

「彼が指定してきた銀行が、メガバンクの宇部支店だったんです。ほかの住民の指定してきた銀行は山口銀行などの地方銀行や信用金庫などです。仕組みとして、リストの上のほうにメガバンクが載るようになっているんです。これ以上は、詳しく言えません」(中野副町長、以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン