国内

【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)

こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)

こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)

 山口県阿武町が4630万円を誤って振り込んだ問題で、電子計算機使用詐欺の疑いで田口翔容疑者(24歳)が逮捕された。田口容疑者は警察に対し「オンラインカジノで使った」と容疑を認めていて、今後、金の流れについては解明される見通しが立ったと言える。今回の件は阿武町の誤振り込みが端緒となっているが、これまではっきりしなかったのは、なぜ463世帯の中で田口容疑者に振り込まれてしまったのかという点である。同町の中野貴夫・副町長は、田口容疑者の逮捕前に『女性セブン』のインタビューに応じ、その背景も含めて経緯を語っていた。(前後編の前編)

 一般的に考えれば、自治体から4630万円も間違って振り込まれたら「税金」だから怖くて使うことなどできないし、ましてやリスクの高いオンラインカジノで使うなんて考えられない。田口容疑者が「空き家バンク」制度で山口市から移住してきた人物であったことから「阿武町に愛着がなかったために、使い込んでしまったのではないか」という指摘もあるが、そもそも“よりによって、なぜ田口容疑者に振り込まれたのか”という疑問の声が上がっている。

不運その1──田口容疑者の口座が「メガバンク」だった

 ことの発端は4月8日だった。新型コロナウイルス禍で苦しむ世帯を支援する臨時特別給付金が、1世帯につき10万円、町から振り込まれた。ところが、それとは別に463世帯分=4630万円が、1世帯に誤送金された。中野副町長が語る。

「463世帯への10万円の振込先金融機関口座リストで、(正しい)振り込みは完了したのですが、そのリストとは別に、届けてしまってはいけない振込依頼書を(町の指定金融機関である)山口銀行阿武支店に持っていってしまったために、誤振り込みが起きてしまいました。

 新人のミスと書きたがるマスコミがいますが、犯人捜しはしません。本当にいろんなことが重なって起こったミスで、一人だけが悪いわけではありません。その、届けてはいけない書類のリストの一番上にあった彼(田口容疑者)に振り込まれてしまった」

 リストの一番上に、田口容疑者の名前があったことはすでに報じられている。しかし、五十音順では「た」は一番上に来るとは考えられない。なぜ田口容疑者だったのか。

「彼が指定してきた銀行が、メガバンクの宇部支店だったんです。ほかの住民の指定してきた銀行は山口銀行などの地方銀行や信用金庫などです。仕組みとして、リストの上のほうにメガバンクが載るようになっているんです。これ以上は、詳しく言えません」(中野副町長、以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン