スポーツ

ロッテとトラブルの白井一行球審の素顔 AKB48の大ファンで推しは大島優子

白井一行球審、マスクの内側は?(時事通信フォト)

白井一行球審、マスクの内側は?(時事通信フォト)

 ロッテと球審のトラブルが相次いでいる。5月15日の対オリックス戦で、見逃し三振に倒れた4番のレアードが白井一行球審(44)に抗議。すると白井球審は激昂し、暴言を理由に退場を言い渡した。

 4月24日のオリックス戦でも、先発の佐々木朗希が判定に不服な態度を示したと受け止めた白井球審がマウンドに詰め寄る一幕があったばかり。

 その言動が球界でも賛否を巻き起こすなか、「不遜なイメージばかりが先行していますが、実は球審のなかでもユニークなキャラで知られた人です」と明かすのは、あるスポーツ紙記者だ。

 白井球審は1997年2月にパ・リーグ審判員に入局したベテランで、2021年9月には1500試合出場を達成。

「ストライク時に『アアアイイイッッ!』と甲高い声で叫ぶ独特のスタイルで、一部プロ野球ファンの間で『アーイの白井』として知られていました」(スポーツ紙記者)

 ユーチューブにはストライク時の叫び声を集めた『白井球審のアーイ集』なる動画まであり、再生数は44万回超(5月19日時点)を記録している。

 2017年3月、WBCの強化試合でオーストラリア代表対阪神戦の球審を務めた際には、その独特な叫び声にオーストラリア代表が仰天。チームの公式ツイッターが〈STEEERIIIIIIIKEEEEEEEE!〉と、白井球審の動画付きでアップする一幕もあった。

「2018年には球審のなかで最も声が大きいという理由で、『審判員奨励賞』も受賞しました」(同前)

 プロ野球情報バラエティ番組『球辞苑』(NHKBS1)に白井球審が登場した際には、AKB48の大ファンであることを明かし、ストライク時に指で「K」の形を作る自身の動作について、「(AKB48の)チームKの公演を見て思いついた」と語った。

「ちなみに推しメンバーは2014年にグループを卒業した大島優子だったそう。妻子持ちで、家庭では良きパパだとか」(別のスポーツ紙記者)

 マスクの内側も人間味に溢れていた。

※週刊ポスト2022年6月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン