国内

新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有

歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)

歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)

 合成麻薬「MDMA」を混ぜた清涼飲料水をマッチングアプリで出会った初対面の女子大生(21)に飲ませたとして、5月14日、自称会社員の高山剛容疑者(41)が愛知県警中村署に逮捕された。

 警察によれば、高山容疑者はMDMAを混入させた飲料を事前に用意し、深夜に入った居酒屋で店員に依頼してグラスに入れ替え、女子大生に提供させたとみられている。

 女子大生は居酒屋退店後に気分が悪くなり、男の隙を見て警察署に駆け込んだというが、このニュースが新宿・歌舞伎町で波紋を呼んでいる。

 出会い系や夜の街に詳しい現役女子大生ライターの佐々木チワワ氏が語る。

「同様の手口が歌舞伎町で横行しているんです。とくにパパ活でパパが女の子を眠らせたり、朦朧とさせてヤる(SEXする)ためにドリンクに薬物や睡眠薬を混ぜるケースが多く、歌舞伎町のパパ活女子の間では危機意識が共有されている。

 リスク回避のため、女子たちは『席を立つ時はグラスを空けてから』『自分がいない間に新たに注がれたドリンクには手をつけない』といったルールを守っています。それこそ体液を混ぜられるなんてこともありますから」

 今回の事件に関しても、女子大生が異変に気づいた後すぐに警察に駆け込んだ点に「自衛の姿勢が見て取れる」という。

「『あ、盛られたかも』という直感がないと警察には行かないと思います。女性側も無知ではなかったのでは」(佐々木氏)

 今回の事件とは逆に、女性が男性に薬物を盛るケースもあるという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン