ライフ

高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」

高須院長

「高須クリニック」統括院長・高須克弥さん

 CMでもおなじみの『高須クリニック』が、東京・銀座に新たなクリニックを開院した。50年以上日本の美容医療の最先端で活躍するレジェンド、統括院長の高須克弥さんに最新の美容事情を聞いた。

「コロナ前もいまも、患者さんの希望はまったく同じ。若い人は美貌が欲しくて、年配の人は若さが欲しい。若返りを希望する患者さんには、ぼくが見本なの。2か月くらい前に首と眉下のたるみをリフトアップしたんだけど、もうほとんど跡もわからないでしょ? 人中(鼻の下と上唇の間)を短くしたのは新たな試み。ここを短くすると若く見えるんです」

 と、自身の顔で施術を解説。ツヤツヤの肌はピンと張り、年齢よりずっと若々しく見える。

高須院長

太っていた頃の高須院長

アメリカで流行したボディデザインアート「ミケランジェロ」で体も若返り

アメリカで流行したボディデザインアート「ミケランジェロ」で体も若返り。まるで彫刻のようなメリハリボディーに!

「たるみは、余分な皮膚を切って持ち上げる昔ながらのフェイスリフトがやっぱり一番効果的。でも、美の基準は常に変化していて、いまはいかに周りに気づかれず、自然に変われるかが求められます。それが時代の価値観だから、患者さんの希望を叶えることが大事。

 その点『高須クリニック』では、手術から最新のマシンまで多岐に渡った治療ができます。クリニックは、症例数で選ぶのが大事。たくさんやると上手くなるんですよ。だからぼくは、ずっと実験台になってるの(笑い)」

 大がかりな手術が主流で、一部の特別な人たちのものだった美容医療が、「プチ整形」の登場でグッと身近になった。

「最初は『インスタントでもちが悪い』と言われたけど、いまはこれが主流になったね」(高須氏)

 以下、高須克弥院長が日本に広めた施術を紹介しよう。

・糸リフト
 吸収される糸を皮膚に入れて引き上げる「糸リフト」。高須院長は初期から積極的に取り入れ、さまざまな糸を考案。最新のものは腫れ、傷跡がほとんどない。

「糸リフト」ビフォア

「糸リフト」ビフォー

「糸リフト」アフター

「糸リフト」アフター

・埋没法
 メスを使わず、まぶたの内側を糸で留めることで二重を作る。日本人の目元を変えたこの画期的な手法と、専用の糸を開発したのも高須院長。現在でも、最も人気がある施術のひとつ。

「埋没法」ビフォア

「埋没法」ビフォー

「埋没法」アフター

「埋没法」アフター

・ヒアルロン酸隆鼻注射
 スウェーデンでしわ取りに使用されていたヒアルロン酸にも、いち早く注目。「アジアでは鼻を高くするのに使える、と言ったら笑われたけど、この施術も流行りましたね」。

「ヒアルロン酸隆鼻注射」ビフォア

「ヒアルロン酸隆鼻注射」ビフォー

「ヒアルロン酸隆鼻注射」アフター

「ヒアルロン酸隆鼻注射」アフター

・脂肪吸引
 お腹やお尻など、不可能だった部分痩せが努力なしでかなう。

「ヨーロッパで研修して、日本に広めたときは批判も多かったけど、患者さんが殺到しました」(高須氏)

 特殊な管(カニューレ)を挿入し、脂肪をまんべんなく吸引。1度の施術で気になっていた脂肪がなくなり、スリムなボディーに。

「ヒアルロン酸隆鼻注射」ビフォア

「ヒアルロン酸隆鼻注射」ビフォー

「ヒアルロン酸隆鼻注射」アフター

「ヒアルロン酸隆鼻注射」アフター

【プロフィール】
「高須クリニック」統括院長・高須克弥/1945年愛知県生まれ。医学博士。海外で最新の美容外科技術を学び、1976年『高須クリニック』を開院。「プチ整形」をはじめ、数々の革新的な施術を広め、日本の美容医療界を牽引する。


赤坂にあった東京院が銀座に場所を移し、『銀座高須クリニック』としてオープン。白を基調とした明るい院内は、プライバシーに配慮されたゆったりした作り。空中に紫外線を照射するなど、新型コロナ対策も万全。

銀座高須クリニック
東京都中央区銀座一丁目8-19 キラトリギンザ11階 ※高須クリニックは全国に5院を展開

撮影/平林直巳

※女性セブン2022年6月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン