国内

ロシア産輸入困難で増加が懸念される密漁 元組長が明かす“逃げるが勝ち”な実態

ロシアからの水産物輸入減少が懸念されている(イメージ)

ロシアからの水産物輸入減少が懸念されている(イメージ)

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、ロシアのウクライナ侵攻に伴うロシア産品の輸入困難な状況から今後、増加が懸念されている日本の海での密漁について。

 * * *
 ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、ロシア産の水産物の輸入減少への懸念と国産の不漁などが複合して、国内では水産物の価格が上昇している。特にサケやマス、カニに影響が出ており、東京都中央卸売市場では高値が続いているようだ。カニ輸入にしろ国産にしろカニの価格が高騰し続ければ、密漁が増えるかもしれない。そこで、ある暴力団の元組長A氏に密漁について話を聞いた。

「今はもう辞めてしまったヤクザが多い」というが、「オホーツク海では昔、定置網や刺し網のブイに代紋が入っていた。その下は全部、組のモノだ。当時の密漁はそれぐらい儲かった」とA氏は語る。刺し網といえばカニ漁だ。

 ブイに代紋が入っていたというのは、さすがに昭和の頃の話らしい。そのようなブイがいくつも並ぶ海を見て、漁師たちはどう思ったのだろうか。今は獲れる量も減り、安い輸入品が増加、燃料代は高騰し、取締りも規制も年々厳しくなってきた。儲かっていた頃とは時代が違い、密漁しても割に合わなくなったようだ。密漁を行っていたヤクザたちの高齢化も理由の1つらしい。

「密漁はヤクザとテキヤで分けるなら、テキヤの仕事だ。テキヤは季節モノ、密漁もモノによって時期が限られている。昔はある時期、組の事務所に電話すると、『今、コンブ漁に出ている』という返事があったくらいだ。組によっては、密漁がシノギの中心だった所もある」

コンブも獲れた場所や質、大きさなどにより、良い品はかなりの高値がつくのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン