スポーツ

ドネア戦で圧勝した井上尚弥 心理士が見た「自分を信じる力」

プロボクシングの世界バンタム級主要3団体統一から一夜明け、記者会見でポーズを取る井上尚弥(時事通信フォト)

プロボクシングの世界バンタム級主要3団体統一から一夜明け、記者会見でポーズを取る井上尚弥(時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、2022年6月7日にさいたまスーパーアリーナで、WBC世界バンタム級王者ノニト・ドネアを制して日本人初の3団体統一王者となった井上尚弥(29才)の強さについて。

 * * *
 それは2回1分24秒という驚きの早さだった。わずか264秒の一方的な戦いに、メディアやネットに溢れたのは”衝撃”という言葉だ。

 7日、さいたまスーパーアリーナで行われたプロボクシングのWBA、IBF、WBC世界バンタム級3団体統一戦。WBAバンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)をわずか2ラウンドでキャンパスに沈めた、WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥を、海外のメディアは”モンスター”と讃えた。この勝利により、井上選手は日本人初の3団体統一王者となった。

 多くの観戦者と同じように、井上選手が勝つだろうと予想はしていた。2021年5月、WBC同階級王座に返り咲いたドネア選手は39才。同級では最年長王者だ。この時のドネアに対し、海外メディアはドネアに年齢は関係ない、未だ信じられないパワーだ、衰えを知らないと報じ、公開練習ではドネア選手自ら今の状態を「すべて最減少も、コンディションも今までにないほど良い」と語っていたとはいえ、相手は世界戦連勝中の井上選手だ。

 とはいえこの試合、いい意味で期待を裏切られた。もっとパンチを打ち合い、手に汗握る白熱した試合運びとなったところでKO勝ち、「あぁ、最後はやっぱり井上選手が強かったよね」とはならなかったからだ。思った通り、予測した通りになったと後付けしてしまう「後知恵バイアス」的な勝ち方ではなかったのだ。だからこそ、その勝利は衝撃といわれ、彼はモンスターと呼ばれたのだろう。人々の期待や予想の上を行ったのだ。

 そんな試合運びを予想したのは、2年7か月前の2019年の対戦での”ドラマ・イン・サイタマ”と呼ばれた激闘が、記憶に残っていたからだ。だが今回ドラマは起きなかった。いや、井上選手がドラマを起こさせなかったのだ。彼は人々からの「あぁやっぱり勝ったんだ」的な勝ち方を望まなかった。彼が目指した勝利への価値観はそこになかったようだ。試合後のインタビューで彼はこう言っている。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン