国内

蓮舫氏、2億円三世帯住宅新築で自民党入党の元アイドル長男の姿も 親子関係は修復か

(時事通信フォト)

2億円三世帯豪邸を新築した蓮舫氏(時事通信フォト)

 東京・世田谷区の住宅街に三階建ての瀟洒な邸宅が新築されたのは4月下旬。表札はなく、近隣住民も「誰が住んでいるのかわからない」と首を傾げるが、登記簿謄本を確認すると所有者は「株式会社ローレル」とある。同社は参議院議員の蓮舫氏(54才)の父で、台湾バナナの輸出入業を営んでいた謝哲信さんが1963年に設立した老舗の商社だ。

「謝さんが亡くなった後、長らく社長を務めていた母親が昨年末に退任し、蓮舫氏が代表に就きました。地元に建てた新しい豪邸は、少なく見積もっても2億円は下らない。蓮舫氏が母親や娘夫婦と暮らすための“三世帯住宅”で、共有部分に吹き抜けのある設計やデザインの細部に至るまで彼女のこだわりが込められているといいます」(蓮舫氏の知人)

 参院選を目前に控え、全国を駆け回る蓮舫氏が自宅に帰る時間はほとんどないという。一方で、意外な人物が新居に出入りする姿が目撃されている。蓮舫氏の長男で、昨年までアイドル活動を行っていた元タレントの琳さん(25才)だ。

「幼い頃から嵐の櫻井翔さんに憧れ、芸能界入りを夢見ていた琳さんは、イギリスの高校を卒業後、2019年にドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)で俳優デビュー。アイドルグループVOYZ BOYのメンバーとしても活動し、注目を集めていました。コンサート会場では若い女性ファンにまじってペンライトを振り回す蓮舫氏の姿が、頻繁に目撃されていたといいます」(芸能記者)

 蓮舫氏は、琳さんが出演するテレビ番組をすべて録画し、アポなしで撮影現場を激励に訪れてスタッフを驚かせたこともある。

「多忙なスケジュールの合間を縫って、ひとり暮らしをする琳さんのマンションに押しかけて甲斐甲斐しく洗濯や掃除をすることもあったといいます。国会では鬼の形相で首相を追及する蓮舫氏ですが、プライベートでは世間の過保護な母親と何ら変わりありません」(前出・芸能記者)

 目に入れても痛くないほど溺愛した長男が、よもやの“造反劇”を起こしたのは昨年1月。琳さんは自身のYouTubeチャンネルで「今日で母親のことを気にして生きるのはやめたいと思います」と発言し、「これからは政治にも向き合おうと思います。仮に母と意見が食い違ったとしても自分の意見は曲げないつもりです」と訣別を宣言したのだ。

「彼の覚悟は本物で、次の参院選も立憲民主党から出る母親の“政敵”である自民党に入党。さらに、資産数千億といわれる政界の大物フィクサーと養子縁組をし、母と同じ姓を捨て去り、退路を断ったのです。家族は一時、崩壊寸前で、住む場所もバラバラでしたが、三世代の親子が集まる家が完成したのを機に、親子の距離も以前より近づきつつあるといいます」(前出・蓮舫氏の知人)

 もっとも、表向きは“復縁”しても、政治信条とプライベートは別。今年4月の誕生日に衆院選の被選挙権を得たことで、にわかに琳さんの動向に注目が集まっている。

 蓮舫氏の母に聞いた。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン