ライフ

【新刊】SNSを乗っ取られた男が窮地に…『俺ではない炎上』など4冊

 いよいよ気温も高くなり、涼しい部屋の中で静かな時間を過ごしたくなる季節。そんなときには読書なんていかがでしょうか。今読みたい、新刊4冊を紹介します。

SNS弱者の50代男が陥った窮地。逃亡が自分と家族を見つめ直す旅にも

SNS弱者の50代男が陥った窮地。逃亡が自分と家族を見つめ直す旅にも

『俺ではない炎上』浅倉秋成/双葉社/1815円

 山縣泰介は住宅メーカーの部長。出先から戻ると社内の空気が凍えている。その頃SNSでは女子大生殺しの犯人が山縣泰介と特定され大炎上していた。アカウントを乗っ取られ、自宅の倉庫で第二の遺体を見つけた泰介は逃げるしかなく……。泰介の無実を信じた人物が、日本語の誤用にうるさい泰介が間違った日本語だらけのTwitterを書くはずがないと言うのに思わずホロッ。

軽量化する結婚、正義より保身の教育現場。移ろう現代人の姿を、三世代を通して活写

軽量化する結婚、正義より保身の教育現場。移ろう現代人の姿を、三世代を通して活写

『風の行方』佐藤愛子/文春文庫/上下巻 各935円

 元校長の夫丈太郎に離婚を突きつけた64才の信子。丈太郎は岩手の山奥へ移住、その長男謙一は不倫のあげく美保と離婚して千加と同居、美保は編集の仕事を再開し、売れっ子作家との情事に堕ちるが、謙一と美保の息子吉見はイジメに苦しむ。元は新聞連載小説で、「現代人は変化を漂う浮草だ」という丈太郎の感慨が象徴的。“移りゆく日本人の姿”を叙事的に描出して今も新鮮。

昭和男が護ったもの、今の青年が護りたいもの、旧を旧と断罪しない公平な目が素晴らしい

昭和男が護ったもの、今の青年が護りたいもの、旧を旧と断罪しない公平な目が素晴らしい

『カレーの時間』寺地はるな/実業之日本社/1760円

「ぼく」こと桐矢は娘達との同居を嫌う祖父の名指しで渋々同居。祖父はカレールーの製造販売会社の元営業マンでカレーを偏愛、桐矢手製のアレンジカレーも喜ぶ。祖父はレトルトの販路拡大に奮闘していた頃、妻に出奔され、娘3人を育てた。男らしさとは。女を護るという旧世代のそれと、他者に敬意を払うという人間観に置換された新世代のそれ。質実で豊かな読後感に浸る。

フェイクを広く解釈して概観、悪意の嘘から善意の嘘までを脳科学する

フェイクを広く解釈して概観、悪意の嘘から善意の嘘までを脳科学する

『フェイク ウソ、ニセに惑わされる人たちへ』
中野信子 小学館新書 880円

 ここでいうフェイクとは「嘘」のこと。振り込め詐欺に限らず、何度も繰り返される虚偽答弁や言った者勝ちの論点ズラしなど、なぜ我々にはこんなにも嘘に対する耐性がついてしまったのか。“脳は自分で考えるより命令されるのが好き”という事実に驚くやら納得するやら。善意の嘘、嘘の効用なども解説するが、それってたぶんストーリーのこと。はい、“物語”は必要ですね。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年7月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン