芸能

元グラドル小阪由佳が「芸能事務所社長」に 5人の専属タレントと歩む新たな人生

芸能事務所の社長として奮闘する小阪由佳さん

芸能事務所の社長として奮闘する小阪由佳さん

「ミスマガジン2004」グランプリを獲得するなど、芸能界で華々しく活躍した元グラビアアイドルの小阪由佳さん(37)。2009年に芸能界を引退後、20キロも激太りした姿をブログで公表して世間を騒がせた時期もあったが、保育事業などを経て2021年に「株式会社cheer lead(チアリード)」を設立。芸能人のメンタルコーチや演技指導などを行なってきたが、6月からは本格的に5人の専属タレントを抱える「芸能事務所」の社長として、「新たな人生を歩み始めた」という。元タレントの小阪さんが、なぜタレントを育成する“運営側”に回ることになったのか──。彼女にそのきっかけと現在の仕事ぶりについて聞いた。

最初は「ほとんどボランティア」

「もともとcheer leadを設立したのは、芸能界で酸いも甘いも経験した自分がタレント活動で悩んでいる人をどうにかサポートしてあげられないかと思ったことがきっかけでした。色々と世間をお騒がせしてしまったことがあったので、知り合いから『芸能で悩んでいる子がいるんだけど、話を聞いてもらえない?』と相談されることが多かったんです。そういう機会が増えてきたので、会社を設立しました」

 とはいえ、形の上では「事業化した」と言っても、最初は無料のカウンセリングなどボランティア同然の状態だったという。

「私のところに相談に来るのは大手芸能事務所に所属していないフリーの子ばかりです。彼女たちの悩みは『仕事の案件がない』『オーディションの受け方が分からない』というモノですから、そんな彼女たちがお金なんてあるワケがない(笑)。ほとんど無料でやっていたのでビジネスになるものではありませんでした。ただ幸いなことに、私には昔の仕事の知り合いから『もし興味がある子がいたら教えてあげて』と色々なオーディションの案内などをもらうツテがあったので、彼女たちにそれを紹介してあげていたんです」

 しかし、相談に来る「タレントの卵」たちに接するうちに、小阪さんのなかにはある違和感が生まれていったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
確定申告期間中の東京国税局(時事通信フォト)
「300万円以下の副業は雑所得」案 サラリーマンが看過できないデメリット
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン