ライフ

6月の能登、熊本地震も…MEGA地震予測の高精度の秘密を東大名誉教授が解説

「MEGA地震予測」を配信する村井俊治・東大名誉教授

「MEGA地震予測」を配信する村井俊治・東大名誉教授

 今年は年初から震度5以上の大きな地震が相次いでいる。そんななか、地震予測を次々と的中させ、ネット上などでにわかに話題となっている人物がいる。測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授である。なぜ、連続して的中するのか。その秘密を語った。

 村井氏が会長を務める地震科学探査機構(JEAEA)のメルマガ「週刊MEGA地震予測」では、5月23日配信号で〈6月22日頃までに中部地方周辺でM5.5±0.5〉、6月8日配信号で〈7月6日頃までに九州南部周辺でM5.5±0.5〉という予測を載せていた。

 その後、6月19日には最大震度6弱の能登地方地震(M5.4)、6月26日には最大震度5弱の熊本地方地震(M4.7)が発生したのは周知の通りである。

 的中した予測は、これだけではない。今年に入って震度5弱以上の地震は9回発生しているが、そのうち8回の「時期」「場所」「規模」を直前に予測していた。

 これらはすべて、村井氏が開発した技術である「ピンポイント予測」によるものだ。

 MEGA地震予測は、全国にある電子基準点のGPSデータを使って地表の動きを捉え、歪みが溜まっている(地震発生の可能性が高い)場所を見つけている。

 それを発展させたのが「ピンポイント予測」であり、より地震発生の切迫度が高い時だけ、場所や時期、規模を明示し、警告を発しているのである。

震源付近のガスを解析

「ピンポイント予測」が、ここまで高い精度となる理由は何か。村井氏が語る。

「私は『あらゆる可能性を排除しない』という方針で、様々な科学的観測データに基づく前兆現象と過去の地震データを検証しながら、常に新しい予測法を開発し、精度を向上させている。ピンポイント予測は、それらすべての手法を組み合わせたものなのです」

 そのなかでも、メインとなっているのが、衛星画像の解析だ。

「これは私の専門であるリモートセンシング(遠隔探査)という測量学の技術を使って、地震の前に震源付近から噴出されるガスを衛星画像で解析し、地震に繋がる異常を捉える手法です。ほかにも、電子基準点のデータをインプットしたAI(人工知能)が異常を判断し、全国12エリアの危険度を判定する手法も導入しています。

 ピンポイント予測では、衛星画像解析やAI解析をはじめ、計12種類の前兆現象を総合的に分析し、『いつ』『どこで』『どの規模』の地震が起きる可能性が高いかを予測しているのです」(村井氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン