芸能

食道がんの秋野暢子「切らない」治療を選択 自分らしく生きるための積極的な終活

(時事通信フォト)

腫瘍は5つ、5年生存率は30%、それでも…(時事通信フォト)

 突然のがん宣告。医師に治療法を提案されても、最後に決めるのは自分だ。そのとき、あなたは何を重要視するか。積極的に終活に取り組んでいた、秋野暢子(65才)の「自分らしく生きる」選択──。

《やや厳しめの結果ですね》。7月9日、女優の秋野暢子が『人生の選択。』とのタイトルで病床からブログを更新。4日に公表していた食道がんの状態について、詳しくファンに報告した。

「秋野さんのがんは、『頸部食道がん』の重複がんです。重複がんとは、転移とは異なり数か所に腫瘍が同時期にできた病態を指します。秋野さんは公表当初、3か所に腫瘍があり、がんのステージはII〜IIIとしていました。ですが最終的な検査の結果、腫瘍は喉と食道に大小合わせて5つ確認され、ステージIIIであることがわかりました」(秋野を知る芸能関係者)

 今後の治療について、秋野は医師から2つの選択肢を提示された。

 1つ目は患部を含む食道を喉頭とともに切除し、胃や腸を使って食道を再建する方法。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師が解説する。

「喉頭とは声帯を含む“のどぼとけ”のことで、頸部食道がんの手術で食道とともに喉頭を切除した場合、声帯が失われ普通には声が出せなくなる。ただ、元通りとはいきませんが、その後のリハビリで発声法を習得し、電気式人工喉頭という器具を使用すれば会話はできるようになります。また、手術に伴う合併症のリスクもあり、縫い合わせた消化管の縫合不全や肺炎などが起こることがあります」

 もう1つは手術を回避して声帯や食道を温存し、化学療法(抗がん剤)と放射線治療を併用する化学放射線療法だ。この場合、生存率は手術に比べ5%ほど下がるという。

 手術をすれば助かる可能性は高まるが、引き換えに声を失うリスクがある。秋野はどのような決断を下したのか。

《凄く考えました。先生方の説明もしっかり伺いました。そしてリスクはあるけど化学放射線療法で鬼退治することを決めました》(同ブログより)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
結婚宣言した玉村昇悟ときらら(時事通信、きらら本人のインスタグラムより)
【「はい、そうです」堂々結婚宣言】広島カープの若手ホープ・玉村昇悟投手が人気TikTokerと“極秘おめでた婚”していた
週刊ポスト
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
市川猿之助の俳優は
【俺は特別な存在だ】市川猿之助、顕著になっていった公私混同 人気俳優との共演計画は頓挫
女性セブン
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
女性セブン
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
女性セブン
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
女性セブン
伊藤容疑者(本人のTwitterより)
【留置場の28歳パパ活女子に面会取材】「乱倫パーティの参加者は大事な仲間だった」 被告が明かした「49歳男性を刺すまでの“東京での1年間”」
NEWSポストセブン
女優の広末涼子(左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(右/インスタグラムより)
「あなたは家事の全貌を知らない」広末涼子がW不倫報道の直前にもらしていた夫キャンドル・ジュン氏への不満
NEWSポストセブン
W不倫が封じられた女優・広末涼子(左/時事通信フォト)と人気シェフ・鳥羽周作氏(右/Twitterより)
【W不倫報道】広末涼子のお相手の素性 フレンチの革命児で「ハレンチシェフネットワーク」を結成、4年連続一つ星の“シズる男”
NEWSポストセブン
射殺された組長は司組長の出身母体の傘下組織だ(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【心臓マッサージの場面も】六代目山口組ラーメン店組長射殺 事件直後のヒットマン映像が出回る
NEWSポストセブン
始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン