国内

自民党大分裂へ【後編】岸田首相「安倍後継」のポーズ取るも反旗を翻される可能性

「安倍氏の後継者」たちはどう動くか(時事通信フォト)

「安倍氏の後継者」たちはどう動くか(時事通信フォト)

 安倍晋三・元首相が凶弾に倒れてから1週間。悼んでばかりはいられないのが永田町の宿命だ。参院選で圧勝し、「黄金の3年間」を迎えるはずだった岸田文雄・首相の基盤が、「安倍氏の後継者」を名乗る者たちによって揺らぎ始めている。【前後編の後編。前編から読む

 安倍氏は再登板以降、自民党の支持基盤を大きく変質させてきた。従来の支持層の伝統保守や業界団体に加えて、安保政策のタカ派路線で若い保守層、急進的な保守層、さらに日本会議など改憲推進勢力を取り込み、経済政策ではアベノミクスという改革路線でベンチャー経営者などを惹きつけ、「安倍応援団」といわれる独自の支持基盤を築いたからだ。

 安倍氏が残した政治基盤のうち、「改革路線」とベンチャー経営者などの支持層は菅義偉・前首相を中心とする改革派グループが受け継ぎ、憲法改正や安保政策とコアな保守層の一部は自民党タカ派が継承しようと動くなど、2つの流れに分かれようとしている。

 参院選に大勝して「黄金の3年間」を目指す岸田文雄・首相にとって、そうした安倍支持層の分断と最大派閥・安倍派の弱体化は好都合に見える。キングメーカーとして政権運営に口を出してきた安倍氏の不在は、首相の力を強めると思えるからだ。

 だが、ジャーナリストの田中良紹氏は、岸田氏の政権運営は逆に難しくなったと語る。

「岸田総理は、目の上のタンコブのような存在の安倍さんがいなくなったことで、自らの政治を進めやすくなったかというと、必ずしもそうではない。今までは、政治判断で争点が生じた場合には、安倍さんの了解を得る、もしくは報告をすることで、“安倍さんのお墨付きを得た”と党内を抑えてきたが、それができなくなった」

 参院選の勝利も、自民党内では早速、「勝ったのは岸田総理の力ではない。安倍さんの“弔い合戦”で票が集まったおかげだ」(非主流派議員)との声が上がっている。

 岸田首相がこのタイミングで安倍路線を転換し、政策に岸田色を出そうとすれば、党内から“安倍さんが亡くなった途端に好き勝手やり始めた”と批判が噴き出すのは明らかだ。

 岸田首相もこれまで以上に旧安倍支持勢力に気を遣わざるを得ない。それを物語るのが、参院選後の記者会見(7月11日)だ。岸田首相は、「安倍氏の思いを受け継ぎ、拉致問題や憲法改正など、ご自身の手で果たすことができなかった難題に取り組む」と強調した。

 田中氏が続ける。

「岸田総理は当面、安倍後継のポーズを取り、自民党を抑えねばならない。安倍さんが亡くなった今でも、安倍さんの『存在』を強く意識せざるを得ない状態に置かれているということです。

 しかし、それが可能かどうか。党内の情勢は混沌としている。自民党の支持層のうち、経済界や従来の保守層、いわゆる保守本流は岸田政権を支持するだろうが、安倍氏を支持した岩盤保守は岸田総理と肌合いが良くない。いくら安倍後継のポーズをとっても、この勢力を味方にはできないのではないか。

 この岩盤保守層をつかまえた政治家こそが、本来の意味での安倍後継として岸田総理の前に立ち塞がることになる」

 そして岸田首相が安保政策や金融・財政政策について本格的に安倍路線からの転換に踏み出したとき、菅氏を中心とする改革派勢力、高市氏らのタカ派勢力が一斉に反旗を翻し、自民党大乱に向かう可能性がある。

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン