寝ていた娘を叩き起こすと、腕をつかんでプロレス技のように振り回した

寝ていた娘を叩き起こすと、腕をつかんでプロレス技のように振り回した

「(アルコール)中毒って認めたくない」

 調停で才賀はあびるの酒癖と“虐待”や“ネグレクト(育児放棄)”が疑われる問題行動の数々を主張。動画や画像、LINEのやりとりなどを証拠として提出した。

「結婚当初から、あびるさんは昼夜問わず酒を飲み、深夜から明け方まで友人たちと飲み歩くことも珍しくありませんでした。問題はAちゃんが生まれた後も、生活態度が改まらなかったこと。才賀さんの不在時に、自宅にAちゃんを置き去りにしたまま何時間も飲みに出かけたり、深夜にカラオケバーに連れ出して、たばこの煙が充満する部屋のソファで寝かせていたこともあったのです」(別の才賀の友人)

『女性セブン』が入手した写真や動画には、あびるが泥酔して路上でひっくり返る姿や、深夜3時にカラオケ店にいるAちゃんの姿が映し出されている。真夜中や朝方に帰宅して、寝ているAちゃんを無理やり叩き起こしたことも一度や二度ではなかったという。2018年10月、深夜3時に自宅で才賀の友人によって撮影された連続写真には、あびるがAちゃんの腕をつかんで振り回す衝撃的な姿が。

「ぐっすり寝ていたAちゃんが両腕を引っ張られながら『いやだ!』『やめて!』と泣き叫んだため、危険を察知した周囲の人が止めに入ったのです。寝室で寝ていた才賀さんは、後からこのことを知って青ざめたといいます」(前出・才賀の友人)

 Aちゃんにとってはトラウマになりかねない恐怖体験だった。

「あびるさんは、才賀さんがAちゃんを“洗脳”していると主張しますが、Aちゃんは、才賀さんの知らないところで受けた仕打ちで心に傷を負っていたのです。Aちゃんが拒絶するのも無理はなく、引き渡さないのではなく“引き渡せない”のが実情です」(前出・才賀の友人)

 実は、2017年の夏頃にあびると才賀は“アルコール依存症”について真剣に話し合っている。夫婦間で交わされた会話は次のようなやりとりだった。

才賀「いま優が初めて俺に言ってくれたやん。私、アルコール中毒で悩んでるって」

あびる「ずっと悩んでたし、ずっと治療してたし」

才賀「子育てのためには、絶対治した方がいい。それはわかってるやろ、自分も」

あびる「中毒って認めたくないのは、そういう中毒者みたいな(イメージが)……」

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト