国内

小室眞子さん 「脅迫被害」を警察に訴えた小室佳代さんをNYに呼ぶ意思固めたか

小室さんの母がNYへ行くことになるのか

小室さんの母がNYへ行くことになるのか

 宮内庁に20本以上の包丁が届くという事件が起きた頃、眞子さんの「義母」にも重大な異変が起きていた。身の危険を感じ、警察を巻き込んだ緊迫した騒動に発展すると、それは遠くニューヨークにいる息子夫婦をも動かして──。

 小室圭さんは余裕の笑みを浮かべていた。7月26日から2日間にわたって、ニューヨーク州司法試験が行われた。昨年の7月と今年の2月の試験はあえなく不合格だった小室さんにとっては、3度目の挑戦だった。

 服装は、通勤時のようなスーツ姿ではなく、「アメカジファッション」。ラルフローレンのチェックの長袖シャツは第2ボタンまで外され、逞しい胸毛がのぞく。モスグリーンの短パンに黒いスニーカーを合わせた装いは、すっかりおなじみになったちょんまげスタイルと相まって、まるで西海岸の若者である。

「小室さんのように何度も受験している人の合格率はわずか18%ほど。5人に1人が合格するかどうかで、非常に厳しいとみていいでしょう。ただ、小室さんは手応えを感じさせる表情で会場を後にしました。2日間まったく同じ服装だったことに驚かされましたが、“験担ぎ”だったのかもしれませんね」(在米ジャーナリスト)

 小室さんを支える秋篠宮家の長女・眞子さんは、さぞ危機感を抱いているだろうと思いきや、ニューヨーク生活を満喫しているようだ。

「現在、ニューヨークでは1970年代のオイルショック以来のインフレが進み、生活費の高騰を免れない状況にあります。ふたりの住むマンションの家賃も、大幅に値上げされているでしょう。ただ、元皇族の眞子さんにとって、インフレはさほど深刻な悩みではないようです。最近も、一流レストランで行われた、ニューヨークで暮らすセレブたちとの“夫人会”を楽しんでいたと聞きます」(前出・在米ジャーナリスト)

 夫婦の仲も良好だ。手をつないで街を歩くふたりの姿は頻繁に見かけられていて、「最近は妊活に励んでいるという話もある」(宮内庁関係者)という。綱渡りのようで、意外にも新婚生活を満喫するふたりだが、この夏前にある“事件”に見舞われていた。

「小室さんの母・佳代さんが、これまで経験のないほど深刻な身の危険を感じる事態に陥り、警察に駆け込む騒動があったというのです」(警察庁関係者)

身の危険を感じて家に閉じこもり

 現在、佳代さんは父親と2人で神奈川県内のマンションで暮らしているという。かつては都内の有名洋菓子店で働いていたが、2021年、労災をめぐって会社とトラブルが起き、欠勤が続いてついに退職。経営者の男性に尋ねると、「もう終わったことなので」と口をつぐんだ。

「佳代さんは、いまは働いていないでしょうね。以前はマンション前までタクシーを呼んで出勤していましたが、このところ、めっきり姿を見なくなりました。以前は少し離れた高級スーパーでもよく見かけましたが、最近は全然。外出の様子すらありません」(近隣住民)

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン