国内

MEGA地震予測チーム、気鋭の中国人研究者加入で精度向上 新たな要警戒地域は

村井俊治・東大名誉教授(右)主宰のMEGA地震予測チームに強力なパートナーが

村井俊治・東大名誉教授(右)主宰のMEGA地震予測チームに強力なパートナーが

 村井俊治・東大名誉教授(82)が主宰する「MEGA地震予測」は、今年に入ってから本誌で数々の予測を的中させている。高い精度を誇る理由に、村井氏のもとに“強力な相棒”が加入したことがあるという。

新たなパートナー

 地震科学探査機構(JESEA)の「MEGA地震予測」の精度が注目を集めている。今年に入ってから、熊本地方地震(6月26日)を含めて最大震度5弱以上の地震は9回発生。そのうち8回の「時期」「場所」「規模」を直前にピンポイントで予測し、的中させているのだ。

 SNS上でも、〈マジで当たったな!〉〈最近予測精度がかなり上がってきた印象〉など驚きの声が上がっている。

 測量学の世界的権威である村井氏が会長を務めるJESEAは、東日本大震災の翌々年の2013年に発足。以来、週に1度メールマガジンで地震予測を配信している。

 同予測は、全国にある電子基準点のGPSデータを使って地表の動きを捉え、歪みが溜まっている(大地震の起きる可能性が高い)地域を総合的に分析する。

 2021年7月には、その予測法を発展させた「ピンポイント予測」を実用化し、より地震発生の切迫度が高い時に限って、時期や場所、規模を明示し、警告を発している。前述の8回の大地震はすべて、この「ピンポイント予測」によるものだ。

 予測精度が向上したことには理由がある。村井氏のもとに“新たなパートナー”が加入したのだ。

 2020年11月からJESEAに主席研究員として加わった、中国人研究者の郭広猛博士(46)である。村井氏が語る。

「現在、郭博士と日々新たな地震予測法の開発に打ち込んでいます。ピンポイント予測の元になったアイデアを考案したのも実は郭博士です。私はそれを科学的に検証し、ほかの予測法も組み合わせることで、ピンポイント予測を開発しました。今や郭博士は貴重な研究パートナーであり、私の地震予測研究の後継者でもあります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン