国内

「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた

幹部補佐になっていた

幹部補佐になっていた

「好きで好きで仕方なかった」。そんな言葉とともに女性客から腹部をメッタ刺しにされるも、事件後1か月で自ら“不死鳥”というキャッチフレーズをつけて復帰し、大きな注目を浴びた歌舞伎町ホストの琉月(るな)さん。3年経った現在も、彼は夜の街で大きく羽ばたいていた。歌舞伎町の住人たちを取材した著書『ホス狂い~歌舞伎町ネバーランドで女たちは今日も踊る~』を持つノンフィクションライターの宇都宮直子氏がレポートする。

 * * *

 歌舞伎町の雑居ビルを地下一階まで降りて行くと、シルバーと紫色の大量のバルーンが目に入る。入り口では、「いらっしゃいませぇ!」とお揃いの紫色のパーカーを着た従業員一同が野太い声で出迎える。その中で、細身の黒いスーツに身を包んだ若い男性が、卓と卓の間を忙しなく、飛ぶように回っている。彼こそが「痛みに負け琉月(いたみにまけるな)」こと、琉月さんだ。

 2022年2月。この日は琉月さんが勤める『Servent of Eve』で彼の23歳のバースデーイベントが開催されていた。店内は琉月さんのイメージカラーだという紫色のバルーンで彩られ、一角には、彼の顔が大きくプリントされたオリジナルシャンパンが飾られている。

 店内は“満卓”で、テーブルの上には「カミュブック」や「テディ」など10万円以上する高価なボトルを置く女の子、お酒の飲めない琉月さんのために特別に作られたオリジナルシャンパンボトル(税・サービス料別11万円)を、瓶にそのまま口をつけラッパ飲みする女の子など、さまざまだ。

「今日は来てくれて、ありがとうございます」

 神妙な顔つきで頭を下げた彼は、店内の奥を指差し、「今日はシャンパンタワーも建ててもらったんだ」と話す。

 そこには紫、青、黄色に彩られた推定350万円というゴージャスなタワーが組み立てられており、彼がいかに人気ホストであるかを物語っている。スーツを着こなし、女性たちの相手をする琉月さんに、事件の影響はほとんどないように見える。この3年間で、彼は歌舞伎町のホストとして大きく成長したようだった。

 事件が起きたのは2019年5月。歌舞伎町近くのマンションの一室で、指名客の一人だったガールズバーの元店長・高岡由佳(当時21歳)が就寝中に琉月さんの腹部をメッタ刺しにし、重傷を負わせたのだ。彼女が供述で明かした「好きで好きで仕方がなかったから刺した」という衝撃的な動機や、犯行直後に撮影されたとみられる血まみれで倒れている琉月さんの隣で高岡がタバコを吸っている写真がSNSで出回ったことにより、この事件は大きな注目を浴びた。

 さらに話題を呼んだのは同年7月1日、事件から約1か月で琉月さんが店へと復帰した。ことだった。

 その際、SNSに笑顔でポーズをとる自身のバックに「不死鳥るな」とデカデカと書かれた写真をアップしたほか《痛みに負けルナ》《肝臓刺されたからしばらくお酒のめません》と事件をネタにしたかの様な内容をツイートしていため大炎上。次々と寄せられる辛辣なコメントに対し、本人は《みんなは刺された真実の理由は知らないのですか?》と反論していた。当時私は、“真実”を確かめるため、琉月さんが勤務する店へと足を運び、取材を試みている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト