スポーツ

大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面

引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)

引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)

 トレード期限(日本時間の8月3日朝)ギリギリまで注目を集めた大谷翔平(28)の移籍問題。最終的には、引き続きエンゼルスの赤いユニフォームに身を包むこととなった。

 今季の大谷はMVPに輝いた昨季に引けを取らない活躍ぶり。特に6月以降は投手としての活躍が目覚ましく、期限が迫るにしたがって報道合戦も過熱。ヤンキースやドジャースなど資金力のある強豪チームの名前をあげて「移籍間近」と報じるメディアもあった。

 メジャーでは一流選手の移籍ほど“駆け込み”が多く、「残り1分」での成立も珍しくない。今回の騒動は一流の証と言えるが、最終的にトレードが泡と消えたのはなぜか。大リーグ研究家の福島良一氏が語る。

「最大のネックとなったのが、大谷がFA(フリーエージェント)の資格を取得するのが『来年のオフ』だということです。トレードで獲得する球団はせっかくチームに引き入れてもFA流出を防ぐため、年平均60億円と言われる大型契約を結ぶ必要がある。それが足枷になったのではないか」

 とはいえ今季中のトレードが見送られても、今後も移籍市場の注目の的であることに代わりはない。次のトレードは最短だと今オフとなるが、福島氏は「年内の可能性は低い」と読む。

「当然、シーズン終了後も大谷のトレードに関する話題は持ち上がるでしょう。ただ、本命となるのは来年ではないか。大谷はマイク・トラウトと並ぶチームの看板ですから、エンゼルスは最後まで契約延長の交渉を続けるはずです」(福島氏)

 残留の一報を受け、好意的な意見が多かったが、「ポストシーズンで戦えるチームで見たかった」と落胆の声も見られた。

「このタイミングでの移籍はプラスとマイナス両面があります。大型トレードを狙うのは優勝争いをするチームですから、高いステージでプレーできます。しかし、そうしたチームは戦力が充実しているためこれまでのように二刀流で毎日出場とはいかないでしょう。

 大谷は現状では投手としての期待が高い。例えばヤンキースであれば記録的なペースでホームランを量産しているアーロン・ジャッジとDHの席を争うことになる。とりあえずは残留で良かったのではないか」(福島氏)

 来年のFA権取得まで目が離せない。

※週刊ポスト2022年8月19・26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン