ライフ

“シュガージャンキー”の怖さ 甘い物に依存してしまうメカニズムとは?

シュガージャンキー状態は、様々な疾患へと繋がる危険

シュガージャンキー状態は、さまざまな疾患へと繋がる危険

「疲れやイライラの解消には、甘い物がいちばん!」と、ストレス解消のために甘い物をストックしていたり……。この数年、コロナ禍で家にいる時間が増え、以前にも増して甘い物に手を出すようになったという声が多い。でも、甘い物の食べすぎは、体重増加はもちろん、さまざまな病気を引き起こすきっかけになるのです。あなたも、いつの間にか、甘い物に取り憑かれた“シュガージャンキー”になっていませんか? 甘い物に依存してしまうことの危険性について紹介する。【前後編の前編】

身近に忍び寄る砂糖地獄への道

「砂糖は不足しても摂りすぎてもよくない」と、糖尿病専門医の市原由美江さんは言う。

「砂糖に含まれるブドウ糖は、不足すると低血糖を起こし、ふらつきやめまいの原因にもなります。また、ブドウ糖は脳にとっても大切な栄養源なので、砂糖は必要な栄養分です。しかし、問題は摂りすぎること。砂糖をたっぷり使った甘い物を毎日のように大量に摂取し、次第に砂糖なしでは生きられなくなってしまった依存状態を“シュガージャンキー”と呼んでいます」(市原さん・以下同)

 ジャンキーとは「麻薬依存症」のことだが、これに例えて、砂糖依存の人はシュガージャンキーと呼ばれている。それだけ危険だということだ。

 なぜ人は、そこまで甘い物に依存してしまうのか。そのメカニズムについて、市原さんは次のように説明する。

「砂糖は、ブドウ糖と果物に含まれる果糖が結合してできたもの。摂取すると小腸で分解されてブドウ糖になり、肝臓を経由して運ばれ、体のエネルギーになります。

 人間にとって必要な栄養ではあるものの、大量に摂りすぎると血糖値が急激に上昇してしまう。すると、それを下げようと体内でインスリンが大量に分泌されるため、急激に血糖値が下がりすぎることがある。こうなると低血糖の状態になってしまいます」

 急激に低血糖になると、脳は「体内が飢餓状態にある」と判断。異様な空腹感を引き起こし、少し前に食べたばかりなのに、また甘い物を食べたいと脳が要求するようになる。

「低血糖の状態になると、異様な空腹を感じる以外に、イライラしたり、怒りっぽくなる人もいます。そして倦怠感が起き、それを解消しようとして、また甘い物を食べるようになる。この繰り返しでシュガージャンキーになってしまうのです」

 精神科医の飯塚浩さんは、甘い物を食べて一瞬、元気になったように感じるのは、「“シュガーハイ”、つまり砂糖を摂ってハイ(興奮)状態になっているから」と、説明する。

「以前から砂糖は麻薬に似た依存性があると指摘されています。それは、砂糖を摂るとドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンといった脳の中の快感につながる神経伝達物質の分泌が促進されるからです。

 この回路は、楽しい、幸せ、気持ちいいなどのポジティブな感情をつかさどっているため、甘い物を食べて一気に刺激されると興奮状態になり、いわゆる『ハイ』な気持ちになるのです。これは、覚せい剤のような麻薬でもたらされる効果と同じです」(飯塚さん・以下同)

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
五輪出場を辞退したことを発表した体操女子日本代表主将の宮田笙子(時事通信フォト)
《体操・宮田笙子の五輪辞退で注目》“実は厳しい”芸能界の「未成年喫煙・飲酒」への処分 アイドルグループなら謹慎、脱退、退所も
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
今秋のドラフト挑戦を明言した慶大・清原正吾(時事通信フォト)
プロ志望明言の慶大・清原正吾、今秋「ドラフト漏れ」なら民間企業の争奪戦か 野球部OBの進路は引く手あまたでアナウンサー採用も
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
東京五輪金メダル秘話とは
ソフト上野由岐子らが明かした東京五輪金メダル秘話 出場辞退寸前まで追い込まれた選手を救った「凄腕トレーナー」の存在
女性セブン
安冨歩さんの推しメンは女優・秋吉久美子
【“私の推しメン”対談】秋吉久美子×安冨歩・東大名誉教授 50才をすぎてから“女性装”に移行したのか?「モラハラの研究過程で徐々に心が解放された」
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン