スポーツ

横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】

横浜を退任した平田氏は、村野工業の監督として再出発した(筆者撮影)

横浜を退任した平田氏は、村野工業の監督として再出発した(筆者撮影)

 横浜高校とPL学園といえば、1998年夏の甲子園で延長17回にわたる死闘を繰り広げたことが、高校野球ファンの記憶に深く刻まれている。そんな2校の元監督と元コーチが、指導者としてコンビを組んでいる高校がある。新刊『甲子園と令和の怪物』が話題となっているノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。【前後編の前編】

 * * *

 神奈川の横浜高校、そして大阪のPL学園といえば、昭和から平成にかけて、高校野球界で絶大な人気を誇った東西の横綱だろう。東の横浜で2019年まで監督を務めていた平田徹氏(39)と、2016年に事実上の廃部となった西のPLで“最後のコーチ”を務めていた千葉智哉氏(33)がタッグを組み、古豪復活を目指す──そんな学校が兵庫県神戸市長田区にある。

 来年より「彩星工科」に校名が変更となる神戸村野工業だ。夏の甲子園大会が開催されていた8月のある日、高台に位置する同校のグラウンドに行くと、早稲田佐賀と練習試合を行っていた。1・2年生をあわせて23人という小さな所帯だが、7月14日に監督に就任したばかりの平田氏は鋭い眼光で球児のプレーを見つめていた。

「うちは村野工業だが、相手は早稲田さんなんだ。そんな汚い野次を飛ばしたらダメだろ」

 興奮して相手選手に野次を飛ばしてしまったナインを平田氏は茶目っ気も交えて諭していた。試合が終われば選手を集めてバントのミスや、走塁でのボーンヘッドを強い口調で諫めていた。

 現校名の印象から公立校と思われがちだが、村野工業は100年以上の歴史を誇る私立で、甲子園には春2回(1978年、92年)、夏1回(1991年)の出場経験がある。OBには広島の現役外野手である野間峻祥がおり、著名人ではダチョウ倶楽部の故・上島竜兵氏が卒業生だ。

 本題に入る前に、平田氏が横浜の監督を辞任した経緯について触れざるを得まい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト