芸能

香川照之のスキャンダル「まだまだ出てくる」と銀座ママ 海老蔵と並んで多かった出入り禁止

銀座のママは香川照之の報道に憤っている

銀座のママは香川照之の報道に憤っている

 俳優の香川照之(56)の性加害報道。被害を受けた女性はもちろんのこと、銀座のクラブで働くママやホステスたちも同様にショックを受け、そして怒りをあらわにしている。

『週刊新潮』によると、香川はクラブホステスのブラジャーをはぎ取ったり、胸を触るなどの性加害を行なったという。被害女性はPTSDを発症し、騒動を止めなかったという理由でクラブのママを民事で訴えた。

「この騒動が起きたクラブ、現在は超人気店ですが、当時はオープンしたばかりだったといいます。オープン当初は通常、繁盛させようと店側も常連客をつかむために躍起になっていますから、普段以上のサービスを提供するものです。そうしたサービスの良さに、香川さんも気を良くしたのでしょうが、お酒が進むにつれて気が大きくなってしまったのかもしれません」(銀座のクラブ関係者)

 銀座界隈で、香川の評判は芳しくなかった。あるクラブのママは「かなり酒癖が悪いとの評判でした。海老蔵さんと同じで、出入り禁止のお店も多いようです」と証言する。

 名前があがった市川海老蔵もかつては酒癖の悪さで知られ、2010年には西麻布のバーで元暴走族の男とトラブルを起こし、殴られて大ケガを負う事件で世間を騒がせた。そんな海老蔵とは同じ歌舞伎俳優でお茶の間でも人気者という共通点がある香川だが、歌舞伎界でのプレッシャーから逃れるために、酒に逃げる日もあったようだ。

「香川さんが市川中車を襲名して歌舞伎界に入ったのは46歳だった2011年のこと。長男(市川團子)を歌舞伎俳優にしたいという強い思いから異例の年齢で梨園入りしたわけですが、新境地で受けるプレッシャーは相当なものだったのでしょう。眠れない日が続き、毎晩酒を飲んでいたことを、当時ご長男が明かしていました」(梨園関係者)

 酒癖の悪さも手伝って起こしたとみられる性加害。さらに9月1日発売の『週刊新潮』では香川がホステスの髪の毛をつかむ様子を捉えた写真も掲載され、銀座のママやホステスたちも怒り心頭だ。

「酒品とか、品位がない方はノーサンキューです。 まして酔ってセクハラなんてあり得ません。それに髪を引っ張るなんてサイテーですね。わたくしなら店内から引きずり出します」(銀座クラブのママ)

 また、香川の性加害報道を受け、ネット上では「ホステスなら多少のセクハラは我慢すべきだ」などといった、職業蔑視ともいえる的外れな意見も広がったが、こうした声にも夜の街で働く女性たちは心を痛めている。

「『ホステスなら触らせろ!』といったような 馬鹿にした書き込みもあり、悲しくなります。香川さんみたいな方のせいで、銀座の評判を落として欲しくないです」(前出のクラブママ)

 羽目を外した夜遊びを繰り返していた香川。性加害報道以降もスキャンダルが続いているが、あるママは「まだまだ出ますよ」とポツリ。一体何が出てくるのか──。

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン