芸能

「副業は認可していません」 動画出演が「会社バレ」したセクシー女優・藤かんなが直面した「女優引退か自主退職か」究極の選択

職場の上司との面談内容についても語ってくれた

職場の上司との面談内容についても語ってくれた藤かんな

 4歳からバレエに打ち込む一方で学業にも励み、大阪大学大学院の理学研究科を修了した“リケジョリーナ”こと藤かんな(32)。勤務先の一般企業に内緒でセクシー女優として活動していた彼女は、デビューからわずか1か月後の今年8月18日に、会社の人事面談で「進退」について話し合ったという。彼女が下した最終決断とは。【全3回中の第3回。第1回から読む

──人事部の女性から「藤かんなさんですか?」と聞かれて認めた後は、どれくらいの時間、どのような内容を話し合ったのですか?

「その面談は30分近く話をしていたと思います。人事の方は『うちは副業は認可していません。今後どうしますか』とおっしゃいました。私は女優として活動していくと決めていたので、『許してもらえないなら、会社を辞める覚悟でいます』と伝えました」

──当初は安定のために会社員の立場も続けるつもりだったとおっしゃっていましたが、そこで「辞める覚悟」を伝えられたのは?

「その会社では6年働いたのですが、はっきり言って『なんで私の仕事が評価されないんだろう』という思いが強かったんです。だから、『会社に残りたいんじゃないの?』と言われて、『残りたくないです』と答えました。ただ、『自分の輝けるイメージとかやりがいを見つけられなかったんです』と伝えた時に、人事の方が『そういうものを提供できなかったのは申し訳なかった』と言ってくださったのは嬉しかったというか、私の立場を考えてくれて労っていただいたのかな、と思いました」

藤かんなのツイート(2022年8月19日-3)

藤かんなのツイート(2022年8月19日)

──では最終的に、話はどう着地したのですか。

「私の意思は固かったので、そうとわかった人事は副業は認めていない会社というルールのもと、自主退職ということで話が進みました」

藤かんなのツイート(2022年8月19日-2)

藤かんなのツイート(2022年8月19日-2)

──人事の方は「セクシービデオ」という職業に対して、藤さんに気遣っていたと感じましたか?

「はい、パワハラやセクハラには厳しい会社なので極力、余計なことは聞かない、言わないことを意識してくれていたと思います。でも最後まで『一体なぜ副業を優先したいのか』という表情でしたし、部屋を退出する時に『あなたもすっきりしたでしょ』って言われたのは覚えています。なんか、最後に吐き捨てるような物言いで…。私も面談中は感極まって泣いてしまったけど『すっきりしたとかちゃうわ!』って思いました」

藤かんなのツイート(2022年8月22日)

藤かんなのツイート(2022年8月22日)

──最終出社日が9月5日に決まり、30日付けでの退職となったそうですね。実際、会社に通わなくなった今、会社に対して思うことはなんですか?

「内定前の最終面接で、社長に『あなたは10年後どうなりたいですか」と質問され『私はこの会社の研究職で一番になりたいです』と答えたんです。その時、社長も国内だけでなく世界シェアも見据えていたから『僕と一緒ですね』と言っていただけて。そのやりとりがキーとなって内定をいただけたのかなと思うくらいで。その言葉に嘘はなかったし、会社で成果を上げて第一人者になりたい気持ちは強かった。でも、実際は思うようにはいかなくて…。今度はセクシー女優として輝きたいと思っています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン