ライフ

【書評】滝口悠生氏『水平線』数十人の視点人物を通して過去、現在、未来を眺める

『水平線』著・滝口悠生

『水平線』著・滝口悠生

【書評】『水平線』/滝口悠生・著/新潮社/2750円
【評者】鴻巣友季子(翻訳家)

 滝口悠生は、私が最も信頼している語り手の一人だ。時間の概念と記憶の不確かな関係を描かせたら、右に出るものはそうそういないと思う。『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』然り、『茄子の輝き』然り、すべては記憶という無時間の中にしか存在しないのではないかと思えてくる。

 硫黄島と父島と東京都内を舞台にした最新長編『水平線』では、語りは数十人の視点人物の間を行き来する。記憶を過去、現在、未来と色々な地点から眺め、記憶というものはどこかからどこかへ線状に伸びているものではないし、その中では自分と他人の境目も曖昧なものだと感じさせる。そう、生者と死者の境い目さえも。その意味では、芥川賞受賞作の『死んでいない者』に繋がる作品と言えるだろう。

 かつて硫黄島で農業や漁業、あるいは砂糖小屋を営んでいた人たちの多くは、戦争で強制疎開させられ、父島や本島の東京で生活を始めた。島に残ったのは、軍属として働く男性たちだった──。

 主な登場人物の中には、三十八歳のフリーライター横多平と、妹でパン屋店長の三森来未がいる。平の元には半世紀余前に蒸発した大叔母から手紙が届き、来未の元には硫黄島で亡くなったはずの大叔父から電話がある。さらに、この兄妹はメールや電話をしあっているのに、どうも同じ世界線にはいないようなのだ。キーワードの一つは「オリンピック」。

 平は大叔母のメールに誘われて父島へと発ち、船中、祖父母たちと夢で出会う。島に着いてベッドに寝れば、島民が感じただろう飛弾の衝撃を背中に感じる。来未には、今は自衛隊管理の航空基地になっている硫黄島へ「墓参り」に行った十数年前の思い出が深く根づいている。時空間の縛りは解け、生者と死者の記憶と思いは融けあいだす。三人称文体はいつしか一人称になり、その逆もある。

 滝口悠生の語りはこんなふうに非常に油断がならない。しかしだからこそ、そこに真実があり、最高に信頼できるのだ!

※週刊ポスト2022年9月30日号

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン