スポーツ

大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情

そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)

延期できない事情とは?(時事通信フォト)

 一昨年9月場所で初優勝し、大関昇進を果たした正代。以来、4度のカド番を経験してきたが、流石に今場所はつらすぎる星勘定となった。初日の白星の後、2日目からは地獄の連敗街道に陥り、8連敗で9日目にして負け越し。休場や不戦敗を含まない大関が9日目で負け越すのは1場所15日制導入以降で初めてという不名誉な記録となった。

 ただ、「負けが込んだら適当な診断書を出して休場する横綱や大関が珍しくない」(若手親方)というなかで、10日目以降も土俵に上がり続けたのは、簡単には休めない理由があったからだ。

「正代は場所後の10月23日に、都内のホテルで700人規模の大関昇進披露パーティーを開く予定なのです。貴景勝が新大関だった2019年5月場所で途中休場し、場所後に昇進パーティーを開いた例はあるものの、この時は本当に深刻なケガで翌場所も全休している(陥落後、1場所で大関復帰)。正代は大きな故障がないなかで、休場後のパーティーとなるのが心苦しかったのでしょう」(同前)

 正代の大関昇進は2年も前だが、カド番を繰り返したことやコロナ禍の影響もあってパーティーが延び延びになっていた。

「先の7月場所は10勝5敗でカド番を脱したので、このタイミングならいいだろうと開催が決まった。場所前の取材で正代は“(9月場所は)カド番にならないように勝ち越して、優勝争いに関われるぐらいにしていきたい”と意気込んでいたが、ここまで黒星を重ねてしまうとは……」(担当記者)

 こんな状況で開催するのだろうかと疑問にも思えるが、そう簡単に延期はできないという。

「昇進パーティーで集まる祝儀は3000万~5000万円が相場。こういった祝儀を積み重ねて引退後の年寄株入手や部屋開きの資金にしていくのです。すでに会場も押さえているので、開催しないという選択はない。名門・時津風部屋は後援会組織もしっかりしているので、どのような状況でも正代を支えるでしょう。ただ、来賓挨拶はお祝いというより、奮起を促す激励会のような内容になってしまうのではないか」(前出・若手親方)

 それでも、今場所カド番で負け越して、昇進パーティーを開けないまま大関陥落となった御嶽海よりは、まだマシなのかもしれないが……。

※週刊ポスト2022年10月7・14日号

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン