芸能

逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」

円楽師匠

渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影

 落語家の六代目・三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・會泰通)さんが亡くなった。72歳だった。日本テレビ系『笑点』のレギュラーメンバーとして長く活躍し、“腹黒”キャラでお茶の間の笑いをさらった大物落語家の逝去に、悲しみの声が広がっている。

 円楽さんは2022年1月に脳梗塞を発症。リハビリを経て8月に高座復帰を果たしたが、再び体調が悪化していた。死因は肺がん。円楽さんが生涯の師匠としてきた、五代目三遊亭円楽さん(2009年逝去)と同じ病だった。

 円楽さんは、4年前の2018年に週刊ポストのグラビア企画で「遺影」ならぬ「寿影」を撮影していた。

「寿影」とはグラビア界の第一人者である写真家・渡辺達生氏の造語で、“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”というコンセプト。葬儀で使用される『遺影』の“遺”の文字には暗くて辛気臭いイメージがあると感じていた渡辺氏が、代わりにこれまでの人生を祝う意味を込めて、美しい響きを持つ“寿”を選んで命名したものだ。

 円楽さんは「私の一品」として銀座・宮脇賣扇庵の京扇子を手に取り、撮影に臨んだ。当時、こう語っていた。

「俺の人生、人の言いなり。落語家も師匠に誘われ、頼まれたことやってたら円楽にまでなっちゃった。でも、流されるのも面白い。ここまで来たら大したもんだ、上げ潮のごみだってな」

 その円楽さんは、たびたび週刊ポストの取材に協力してくれた。芸能人の不倫報道が相次いでいた2020年には、かつて「錦糸町ラブホ不倫」が報じられた円楽さんに“不倫の作法”を聞こうと直撃。

「え~~、やめとけよ、もぉ~」と笑いながら、「しょうがないなぁ~、5分でいい?」と、こう応じてくれた。

「俺自身のことを言えば、会見で『不倫』って言葉は使わなかった。俺は『恋』をして、『口説いた』わけよ。これを作法って言うのかどうかはわからないけどね。もちろん、『口説いた』という言葉で言い訳できるもんじゃないけど、そのあたりの姿勢っていうのが、最近のケースとは違ったのかもね」

──「許される不倫」と「許されない不倫」にはどんな違いがあると思いますか。

「難しいなぁ。線引きなんてできないよ。それでも、『許す心』ってやっぱり大事だよね。神はすべてを許す、じゃないけどさ。何かを許すっていうのは一番難しいけど、一番尊いことなんだと思うよ。後はさ、その人が命がけでやってる仕事を見てほしいよね。芸能人なら芸事をね。月並みだけど、そこでちゃんと評価してあげてほしいのよ」

 2016年に不倫が報じられた際には会見を開いて事実を認め、「アモーレ円楽。円楽改め“老いらく”と呼んで欲しい」「今回の騒動とかけまして、東京湾を出て行った船と解きます」(その心は?)「コウカイの真っ最中です」と、会場を笑いの渦に巻き込んだ円楽さん。その人柄は、誰からも愛されるものだった。ご冥福をお祈りします。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン