スポーツ

坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)

坂本勇人の女性スキャンダルは収束せず(時事通信フォト)

 プロ野球は3日、レギュラーシーズンの全日程を終了。今季は村上宗隆(ヤクルト)の三冠王獲得という大きなニュースが生まれたが、怒りと失望でシーズンを終えたのが巨人ファンだ。昨年は終盤、完全に失速し、CSではヤクルトを相手に1つも勝てずに完敗。今季は雪辱を果たすシーズンだったが、不甲斐なくCS進出を逃した。

「今シーズンの巨人は目立った補強こそありませんでしたが、坂本勇人、丸佳浩、岡本和真、中田翔、さらにメジャー通算96本のポランコが並ぶ打線の破壊力は12球団随一。先発陣も菅野智之を中心にコマは揃っていて、多くの解説者が巨人を優勝候補に上げました。しかしフタを開けてみれば、4月は快調だったもののGW後につまずき、Aクラスさえ危ういまま終盤に。結局“ハナの差”で阪神にかわされ、4位に終わりました。

 常勝軍団の巨人において、死守すべき最低ラインは“Aクラス”と“勝率5割”。平成以降でBクラスは6回、勝率5割以下は7回しかありませんが、同一監督で2年連続5割以下は球団史上初です」(野球ライター)

 原監督は昨年のオフ、新たに3年契約を結んでおり、今のところ退陣の予定はないが、CS進出に関してチームには微妙な問題が存在した。それは9月上旬に報じられた坂本の女性スキャンダルだ。その内容は、坂本が交際相手の女性を弄んだ挙げ句、妊娠が判明すると即座に中絶を求めたもの。『文春オンライン』では生々しいLINEのやりとりも報じられたが、スポーツ紙やテレビ局がこの問題を完全にスルーしたことで、ネットでは却ってトラブルが長引く事態になっている。

「プロ野球選手のスキャンダルは珍しくありませんが、坂本の件がこれだけ長引いているのは、球団が何ら処分を下さず、テレビやスポーツ紙がダンマリを決め込んだから。一部では、『坂本のネタを扱ったら、長嶋(茂雄)さんの情報は流さない』という箝口令が敷かれたという情報もあって、それがプロ野球ファンの不信感を招き、まもなく1か月が経とうというのに、いまだに坂本への批判が止む気配はありません。

 その状態で巨人がCSに出れば、坂本の騒動が益々長引くリスクがありました。チームの勝利には坂本の活躍が絶対ですが、坂本が打てばメディアは彼を取り上げざるを得ませんし、そうなればスキャンダルをスルーしたことが悪目立ちする。原監督が坂本を褒め称えれば、それも炎上案件ですし、坂本が打てなかったら打てなかったで批判はいよいよエスカレートする。勝ち進めば進むだけ、チームのイメージがどんどん悪くなるリスクがありました」(ネットニュース編集者)

 坂本は2日の試合で2205本目の安打を放ち、これで歴代19位となったが、これを報じる記事へのコメントも、

「よくもまあ恥ずかしげもなくやれるよね」
「どんな良いニュース流してごまかしても無理だよ」
「スキャンダルの最中のこのこ試合に出てる場合か?」

 と、シビアなものばかり。

「移籍した方がイイよ」
「巨人ファンですが彼がしていた事は許せない、他球団で頑張ってください」
「巨人での最終出場になる気がしますね。他球団に行っても所業が消えるわけではないので私なら応援はしません」

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン