スポーツ

エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘

現地時間4日のアスレチックス戦では右腕に死球を受けるも、塁上では笑顔も見せた。そのキャラクターも大きな魅力となっている(時事通信フォト)

現地時間4日のアスレチックス戦では右腕に死球を受けるも、塁上では笑顔も見せた。そのキャラクターも大きな魅力となっている(時事通信フォト)

 エンゼルス・大谷翔平(28)の記録ずくめのシーズンがフィナーレを迎える。10月4日(日本時間5日)の試合での死球の影響が懸念されるものの、今季最終戦となる5日(同6日)のアスレチックス戦に先発して残り1イニングとなった規定投球回数に到達すれば、規定打席数とのW到達という近代野球における史上初の快挙となる。最終戦に先立ってはチームとの間で年俸3000万ドル(約43億5000万円)の1年契約で合意したことも話題となった。異例のかたちとなった契約は、今後の大谷の動向とも関係してくることになる。

 今季終盤戦の大谷は投手としても打者としてもハイレベルのパフォーマンスを続け、試合に出るたびに「トリプル150(150安打、150投球回、150奪三振)」といった史上初の記録を連発した。そうしたなかでの契約合意について、大リーグ研究家の福島良一氏はこう言う。

「日本のプロ野球選手と比べると巨額の契約に見えるかもしれませんが、MLBにおいて投打で2人分の成績を残している大谷の評価としては“格安”と言えるでしょう。大谷は今オフに年俸調停の権利を取得するはずだったが、そのプロセスに持ち込めば前例のない二刀流選手に対する評価として最低でも年俸4000万ドル(約58億円)にはなったと思います」

 オフの年俸調停を回避した異例の早いタイミングの契約で、しかも考えられる“相場”よりも安い年俸に決まった背景には、様々な思惑がありそうだ。福島氏が続ける。

「まずチーム側の事情として、エンゼルスはアート・モレノ球団オーナーが身売りを計画しており、買い手となる新オーナーに対して“大谷を保有している”というかたちでチームの資産価値を示したかったのでしょう。

 一方の大谷は、オフのトレーニングに集中したいということもあったでしょうし、それに加えて来年3月のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に出場したいという意欲の表われであると考えられます。オフの交渉は通常、1月から2月にかけて行なわれるが、それがこじれてトレードになったり、調停ということになったりすればWBC出場の妨げになりかねません。それだけは避けたかったのでしょう」

 来年のWBCに臨む侍ジャパンを率いるのは日本ハム時代の大谷の“恩師”である栗山英樹監督だ。栗山監督のもとで世界一奪還を目指すチームの一員となるためであれば、たとえ年俸がもう1000万ドル(約14億5000万円)上がるチャンスをふいにしてでも、契約を早くまとめたかったとする見方である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン