芸能

NHK女子アナが「団塊」を「だんこん」と誤読し大炎上も「あの高島彩アナも間違えた」の声

番組内で誤読してしまったNHK神戸放送局の森麻衣子アナ(写真はHPより)

番組内で誤読してしまったNHK神戸放送局の森麻衣子アナ(写真はNHKのHPより)

 NHK神戸放送局の契約キャスター・森麻衣子アナ(29)が104日に放送された情報番組『Live Love ひょうご』NHK総合)で「団塊(だんかい)の世代」を誤読する場面があり、インターネットやSNS上では「放送事故」だと炎上している。番組内では「世代」をテーマにしていたのだが、隣の男性アナがさて、みなさんは何世代でしょうか。団塊やバブル…」と読み始めたところ、森アナが訂正するように割って入って「だんこん」と間違えてしまったのだ。数秒の沈黙の後、隣にいた男性アナが改めて「だんかい」と読み直したところでミスに気付き、森アナは慌てて言い間違えを修正したが、時すでに遅しといった空気になってしまった。 

  生放送での「読み間違い」は珍しくないがこの読み間違いが「だんこん」というワードだっただけに〈NHKなのに気まずすぎる〉〈うっかり地名の読み間違いとは比べられない〉などと厳しい声が相次いでいる。しかし、女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏は「女子アナの“だんこんミス”は実は定番の間違いです」と言う。 

 この間違いはどうしても色々と連想してしまうので、とんでもないミスのようにネット上では書かれていますが、これまで色々な女性アナウンサーが言い間違いをしてきたとされる“定番の誤読”なんです。どれも明確にこの番組で、という事例の記録はありませんが、元フジテレビの大エースだった高島彩アナ(43)がメインMCを務めていた朝の情報番組『めざましテレビ』のなかで同様のミスをしたことはネット上では有名な話です。 

  先日、日本テレビの佐藤真知子アナ(29)が『数十羽(すうじゅうわ)』を“かずじゅうわ”と誤読して炎上していましたが、こういったミスは誰にでも一度や二度はあるものです。特に今回はNHKということもあって厳しい声が多いですが、個人的にはアナウンサーの実力とは別次元の問題だと思います 

  一躍、全国区となってしまった森アナとはどのような人物なのか。 

 「森アナはNHKに定期採用された社員アナウンサーではなく、NHK長野放送局で契約キャスターとして活動していました。お昼の番組『ひるとく』や夕方のラジオ『ゆる~り信州』などで着実にキャリアップを果たし、同局の看板番組である『おはよう日本』土曜の『土曜すてき旅』に出演するなど、堅実に出番を増やしてきました。 

  起用され続けるか分からない契約アナとしてずっと努力してきた存在です。2018年からはNHK神戸の契約キャスターとして勤務していますが、これも彼女の努力の結果としてNHKの地方局異動みたいな扱いを受けたのだと思います。実力もあり、社交力もある結果だと考えられます。今回の失敗は反省したうえで、良くも悪くも全国区のニュースに出て話題になったことを、次のステップに活かしてほしいですね」(丸山氏) 

  これまで努力を続けてきた森アナ。アナウンサー、特にNHKのキャスターにとって誤読はキャリアの“汚点”となりかねないが、これをバネにさらなる活躍に期待したい。

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン