国際情報

チベット自治区ラサでロックダウンに反発する大規模デモ 参加者の大半は漢族か

中国政府による厳しい「ゼロコロナ政策」が原因で…

中国政府による厳しい「ゼロコロナ政策」が原因で…

 中国のチベット自治区の区都ラサ市内で10月下旬、中国政府による厳しい「ゼロコロナ政策」に抗議する異例の大規模デモが発生し、当時の状況を撮影したとみられる映像が明らかになった。ラサでは2008年にチベット族による激しい暴動が起きたが、今回のデモ参加者の大半は漢族(中国人)の出稼ぎ労働者で、「ただ、故郷に帰りたいだけだ」などとの悲痛な叫びを上げている。BBCが報じている。

 BBCが入手した中国SNS「微博(ウェイボー)」の複数の動画には、数百人が市内をデモし、警官隊と衝突している様子が映っている。

 別の動画では、当局者らが道路の片側を封鎖。当局者の1人は拡声器で、人々に冷静になるよう促し、「分別をもって帰ってください」などと呼びかけている。

 しかし、この抗議デモについて、いまのところラサ市政府などによる公式コメントは出されておらず、国営メディアも報じていない。

 ラサは新型コロナウイルスの感染対策でこれまで3カ月近くロックダウン(都市封鎖)状態が続いている。

 他の映像では、夜の路上に数十人がたむろし、そのうちの1人の男性が中国語で、「(人々は)あまりにも長い間、封鎖状態に置かれてきた。この地域にいる人の多くは、ただ働いて金を稼ぐためにやって来た。中国本土でそれができるなら、ここに来てはいない」と叫んでいた。

 また、「私たちは家に帰りたいだけだ」という文字を書いた横断幕を掲げて、行進する人々を映した映像もあった。

 直接抗議デモを見たわけではないが、動画をいくつも見たというラサの住民の1人はBBCに対し、「人々は毎日家に閉じ込められ、生活はとても苦しい。ラサでは今、物価がとても高く、大家は家賃の支払いを厳しく求めている。労働者は故郷に帰ることも許されていない。出口がない状況だ」と話している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト