コラム

コロナ禍で「風邪をひかなくなったと」感じる人が増加!どんな暮らし方が予防につながっている?

(写真/PIXTA)

積水ハウスの住生活研究所が、「自宅における感染症・風邪の予防意識・行動に関する調査(2022年)」を実施し、その結果を発表した。それによると、コロナ禍で風邪をひかなくなったという人が多いという。コロナ禍による生活様式の変化が常態化するいま、どんな暮らし方をしているのだろうか?詳しく見ていこう。

【今週の住活トピック】
「自宅における感染症・風邪の予防意識・行動に関する調査(2022年)」結果を報告/積水ハウス 住生活研究所

6割以上がコロナ禍でインフルエンザや風邪をひかなくなったと思っている

調査結果によると、コロナ禍前と比較して「インフルエンザや風邪をひかなくなったと思うか」と聞いたところ、63.8%が「思う/やや思う」と回答した。その要因のひとつが、感染症への予防が習慣化していることにある。加えて、在宅勤務が増加した人ではインフルエンザや風邪をひかなくなったと思う回答が78.5%と多いことから、通勤などの外出機会が減っていることも挙げられる。

帰宅後は洗面所に直行?家の中にウイルスを持ち込みたくない

次に、「外出から帰宅後、まず室内のどこに行くか」を聞くと、「洗面所」という回答が最多になった。また、コロナ禍前は48.0%だったものが、現在は60.0%に高まり、帰宅後にまず手洗いという行動が習慣化していることがわかる。

手洗いや手の消毒のほかにも、「帰宅した際、家の中のどこも触らずにまず手を洗う」 が 25.3%(コロナ禍前9.9%)、「帰宅した際、玄関で除菌や消毒をする」が 18.7%(コロナ禍前6.5%)とコロナ禍前より増加しており、ウイルスを家の中に持ち込まない意識が高まっていることがわかる。

自宅の中でもマスクをつけるシーンがある!?

感染予防の習慣化のなかでは、マスク着用もあるが、自宅の中でもマスクをつける場合がある人も多い。この調査では、49.7%が現在、自宅の中でもマスクをつけることがあると回答したという。「在宅時にマスクをつけることが多いシーン」では、「自分の体調がよくない時」(29.0%)のほか、「家族の誰かの体調がよくない時」(24.3%)、「家族や友人と一緒にいる時」(15.5%)などが多かった。

マスクの取り扱いについて、住生活研究所が実施した「小さな暮らしアンケート~マスク編~(2022 年)」によると、使い捨てマスクの帰宅後の扱いについて、「捨てる場所」・「仮置きする場所」どちらも「リビング」が最多だった。次に多いのは、捨てる場合は「キッチン」(23.7%)、仮置きする場所は「玄関」(21.6%)となった。

Withコロナの状態が長引くなか、家の中の感染予防の行動が常態化している。これからは、帰宅後すぐ手洗いするためにあちこち触らずに洗面所に直行できる動線などを工夫したり、玄関に除菌・消毒剤の置き場所、リビングなどにマスクを置いたり捨てたりする場所を設けたりといった家づくりを考える必要もありそうだ。

寒くなると窓を開ける換気もしづらくなる。インフルエンザの感染拡大の懸念もあり、予防対策を続ける必要があるだろう。それにしても、在宅中もマスクをせざるを得ない状況からは早く脱出したいものだ。

●関連サイト
積水ハウス「自宅における感染症・風邪の予防意識・行動に関する調査(2022年)」

(山本 久美子)

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト