国際情報

北朝鮮がミサイルを相次いで発射 威力は?射程は?その基本をやさしく解説

相次ぐ北朝鮮のミサイル発射(時事通信フォト)

相次ぐ北朝鮮のミサイル発射(時事通信フォト)

 1月に7回、2月に1回、3月に3回、4月に1回、5月に4回、6月に1回、8月に1回、9月に3回、そして10月に7回。朝も昼も夜も、北朝鮮は時間を問わずミサイル発射に勤しんでいる。では、そのミサイルはどれほどの射程で、どんな威力なのだろうか。意外と知らない、ミサイルが“どうーなってるのか”、やさしく解説します。

 朝鮮がミサイルを発射した──そんなニュースをここ最近どれだけ耳にしたことだろうか。今年に入ってすでに30回以上、北朝鮮はミサイル発射を行った。コリア・レポート編集長の辺真一さんは言う。

「11月2日には日本海に向けて、23発以上の弾道ミサイルを発射しました。たった1日でものすごい数です」

 だが、狂気じみたミサイル乱発に恐怖を覚えつつ、ミサイルはいったいどんなものなのか、わからない人も案外多いのではないだろうか。

 ミサイルはその射程距離によって呼び名が変わるが、北朝鮮が発射したものには5500km以上の射程をもつ大陸間弾道ミサイルも含まれるとみられる(平壌から東京の距離は約1277km)。更に問題なのは、その先端部分にあたる「弾頭」だ。北朝鮮は核爆発を起こす装置を搭載した核弾頭のミサイル発射を試みているとみられる。

「北朝鮮は核弾頭と同等の重さの模擬弾頭を搭載したミサイルの発射実験を繰り返しています。形状も同じくして、火薬や鉄、爆発装置などを詰めていると思われます。中には『火星17』という、弾頭部分が膨らみ、複数発の核爆弾を搭載できる型もあります。今回は飛行に失敗しましたが、もし実現したら一発のミサイルで数発の核爆弾を落とせてしまうんです」

 北朝鮮のミサイルが日本に向けて発射されたら、落下まで15分とかからないという。Jアラートが鳴ってからの避難では間に合わないと、辺さんは懐疑的だ。だが同時に、怯えすぎることはないと話す。

「北朝鮮の狙いは、あくまでアメリカや韓国です。現状では日本を狙って発射することはないでしょう。万が一、米韓と北朝鮮が交戦状態に発展したときが、日本の“構え時”なんです」

 そんな最悪の未来が来ないことを願うばかりだ。

写真/時事通信社

※女性セブン2022年11月24日号

核なのか?爆弾なのか?(時事通信フォト)

核なのか?爆弾なのか?(時事通信フォト)

ミサイルの試射に立ち会い、笑顔を見せる金正恩氏(時事通信フォト)

ミサイルの試射に立ち会い、笑顔を見せる金正恩氏(時事通信フォト)

金正恩氏が総書記を務める朝鮮労働党は、10月10日に創立記念日を迎え、祝賀行事が行われた(時事通信フォト)

金正恩氏が総書記を務める朝鮮労働党は、10月10日に創立記念日を迎え、祝賀行事が行われた(時事通信フォト)

岸田文雄首相はミサイル発射について「断じて容認できない」と発言。日米韓の首脳会議を行う方向で調整している(時事通信フォト)

岸田文雄首相はミサイル発射について「断じて容認できない」と発言。日米韓の首脳会議を行う方向で調整している(時事通信フォト)

国連安全保障理事会は11月4日に、ミサイル発射を受けて緊急会合を開催。非常任理事国10か国は、非難の声明を出した(時事通信フォト)

国連安全保障理事会は11月4日に、ミサイル発射を受けて緊急会合を開催。非常任理事国10か国は、非難の声明を出した(時事通信フォト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト