芸能

松原千明さん急逝 長男が語った「母はずっと苦しんでいた。いまはもっと楽な場所に行った」

松原千明さん(右)の最期が家族の口から語られた(写真は松原さんのfacebookより)

松原千明さん(右)の最期が家族の口から語られた(写真は松原さんのfacebookより)

 ハワイ・ワイキキの自宅マンションで急逝していたことがわかった、女優の松原千明さん(享年64)。松原さんは、1988年に石田純一(68才)と結婚し、1990年に長女のすみれ(32才)が誕生。1997年に石田の不倫騒動が勃発すると、松原さんはすみれを連れてハワイに移住。1999年に石田との離婚が成立した。

 その一方で、すみれは高校1年生のころからモデルとして活動し、女優や歌手としても活躍する。しかし、松原さんは人知れずもがき苦しんでいたという。

 石田との離婚後、ハワイの語学学校に通っていた松原さんは8才年下のアメリカ人語学教師、ポール・バウワーさんと恋に落ちた。ともに離婚したばかりで、親近感が湧いたことが心を通わせるきっかけになったという。

 やがて同棲を始めた松原さんは2000年5月に未婚のまま、長男の達也・オリバーさんを出産。その後、2001年5月に結婚式を挙げた。再婚から5年後、彼女は雑誌『STORY』(2006年8月)でポールさんについてこう語った。

《彼の存在が私の心を癒してくれました。彼の優しさに包まれて、いつしか彼とともに歩む人生を求めている、そんな自分の本心に素直に気づくことができたんです》

 だが「彼とともに歩む人生」は石田との結婚生活と同じく、長くは続かなかった。

「ポールさんはいつの間にか仕事をやめて、石田さんからすみれさんに支払われていた月額100万円を超える養育費を無心するようになったそうです。“子供たちのためにも今度こそ幸せな家庭を築きたい”と強く願っていた松原さんは何とか結婚生活を続けようとマリッジカウンセリングに通うなどの努力を重ねましたが、一度生じた夫婦の溝が埋まることはなく、とうとう2度目の離婚を決意しました」(松原さんの知人)

 さらに、双方が代理人を立てるも着地点が見つからず、離婚協議が長引いたことが、松原さんの心の傷を深くした。

「2年にわたって家庭内別居が続き、ストレスから松原さんはうつ病になり、かなり体重も落ちてしまいました。子供たちを育てるために気力を振り絞って心療内科に通院し、薬を処方してもらって何とか一日一日を生きているような感じでした」(前出・松原さんの知人)

 2009年4月に離婚が成立。しかし、その後も松原さんの心労は続いた。2017年に刊行した著書『ただ、愛した』(扶桑社)ではこう記している。

《親権は半分でいいとあきらめたのに、今度はポールが離婚に対する条件面でいろいろ言い始めました。(中略)そんなことが続いて、私はすっかり参ってしまいました。達也を学校に送っていって帰ってくると、何もやる気がしないのです。日中ひとりの時間はただベッドでゴロゴロしていました。もう立ち上がる気にもなれない》

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン