芸能

松田聖子、イベントで嗚咽 メンタル的に不安定で「紅白はまだ無理」の心境か

松田聖子

「会いたい」の言葉も発した松田聖子

「沙也加に会いたい……」。あまりにもストレートな言葉だった。約500人のファンを前に、嗚咽しながらそう絞り出し、松田聖子(60才)はステージの中央で小さくうずくまった。11月12日、聖子が初めて監督を務めた映画『フォークロア2:あの風が吹いた日』の上映イベントが行われ、トークショーに聖子が登壇した。

「トークショーの終盤、昨年12月に急死した娘の神田沙也加さん(享年35)への思いがあふれてしまったようです。泣き崩れてしまった聖子さん。ファンの1人が拍手を始めると、それが会場全体に広がり、スタンディングオベーションになった。聖子さんは拍手に支えられるようにして立ち上がり、『こんなに来てくれてありがとう』と感謝の言葉を述べていました」(イベントに参加したファン)

 同作は今後、国内外で上映予定だという。

「聖子さんはまずはファンクラブのメンバーに見てほしいと思ったようです。入場の際には厳しい本人確認が行われ、開始が15分遅れたほどでした」(芸能関係者)

 映画はラブストーリー仕立てのホラー。主人公の女子高生・ミカは年上の歌手・KENと出会い、恋心を抱くが──。

「撮影が行われたのは、昨年5月頃だったそうです。当時はまさかこんな状況になっているなんて想像すらしていなかったのでしょう。作中、主人公のミカが亡くなり、魂がKENのステージに現れるシーンがあるんです。聖子さんはトークショーでそのシーンについて触れながら、『天国ってこういうところ(思いを寄せる人のそば)じゃないのかな』と話していました」(前出・イベントに参加したファン)

 沙也加さんの死から間もなく1年を迎える。

「何かをやっていないと、つぶれてしまいそうで、心が折れてしまいそうで……」

 トークショーで、聖子は現在の心中をそう吐露していた。一方で、聖子は11月に沙也加さんの遺骨と離れる決意をしていた。

「遺骨は四十九日法要の後も納骨されず、聖子さんの手元に置かれていました。聖子さんは部屋に祭壇をつくり、まるで沙也加さんがそこにいるようにして、遺骨に話しかけていました。しかし、12月18日で一周忌を迎える。このまま自宅で一緒にいるよりも、ゆっくりと眠った方がいいと考えたようです。11月中に聖子さんの実家の菩提寺である、福岡県内のお寺に納骨するようです」(聖子を知る人)

 12月には、毎年恒例のクリスマスディナーショーも開催される。

「ディナーショーは1席5万円以上しますが、コンサートと違って聖子さんとの距離感が近い。今年はなんとしてでも参加して、間近で聖子さんを励ましたいと思っています」(20年来のファン)

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン