国内

刑務所慰問アイドル「ぺぺ」と巡る 「東洋一のプリズン」と呼ばれた黒羽刑務所に潜入

刑務所慰問アイドルが黒羽刑務所を訪れた

刑務所慰問アイドルが黒羽刑務所を訪れた

 政治家やタレントなど著名人の受刑者も多く服役した黒羽刑務所(栃木県大田原市)。51年の歴史を持つ同刑務所は、その規模などからかつて「東洋一の刑務所」と呼ばれたが、老朽化や受刑者の減少に伴い、今年3月に閉庁された。ドラマ『六本木クラス』のロケ地ともなった同刑務所の内部に、刑務官の立ち合いのもとで潜入取材が実現。刑務所などの矯正施設での慰問ライブを続ける音楽ユニット「Paix2(ぺぺ)」とともに巡った内部の様子をレポートする。【前後編の前編】

 1971年の設立時、わずか608名から始まった黒羽刑務所(栃木県)の収容人数は2006年には2226人に達した。不正を犯した国会議員だけでなく、タレントの田代まさしや清水健太郎、新興宗教「法の華」教祖として詐欺で逮捕された福永法源元代表など、いわゆる著名人の受刑者が多いのは、ここが刑期10年未満かつ犯罪傾向の進んでいない者を受け入れる刑務所だからだろう。

 政策秘書の給与を不正に流用したとして、2000年に逮捕された山本譲司・元衆議院議員は著書『獄窓記』(ポプラ社)のなかで、都内の小菅拘置所から約3時間半、車に揺られて黒羽刑務所に移送されたときのことをこう回想している。

〈いずれにしても、懲罰にだけはならないように気を付けるべきでしょうね。山本さんもこれから工場に配役されることになるでしょ。収容者たちは、興味本位に近寄ってくると思いますが、あまり、同囚とは関わらないほうがいいですよ。懲罰の一番の原因は、同囚とのいさかいですからね…車内では、こんな会話が延々と続いた〉

 都内から首都高速に入って西那須野塩原ICで降りると、そこから約10キロの道のりを経て約3時間半で黒羽刑務所に着く。時折、牛の鳴き声が響くのどかな田園風景を抜けると、道路を挟んでステーキハウスと監視塔が見えてくる。

「今でこそ監視カメラですが、昔は毎日、あの監視塔に職員さんが登って、人の目で所内を警戒していたそうですよ」

 同行した職員よりも早く解説を始めてくれたのは、日本のすべての刑事施設で500回を超えるプリズン・コンサート(慰問ライブ)をおこなってきた音楽ユニット・Paix2(以下、ペペ)の井勝めぐみさんだ。続けて、ぺぺの北尾真奈美さんも笑顔で言う。

「メジャーデビューしてからも、全国の刑務所で歌い続けると決めたとき、最初に問い合わせをくれたのが黒羽刑務所だったんです」

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト