スポーツ

村田兆治さん伝説 肘の手術後、投げられない間は「山道を40km走っていました」

南海で主軸を張った門田博光氏が村田兆治さん伝説を振り返る(時事通信フォト)

南海で主軸を張った門田博光氏が村田兆治さん伝説を振り返る(時事通信フォト)

 11月11日、“マサカリ投法”でプロ通算215勝をあげた村田兆治氏が、東京・世田谷の自宅火災で亡くなった。72歳だった。本誌・週刊ポストに野球の普及活動への思いを熱く語ってきた村田氏。多くの野球ファンにとって、喪失感はあまりに大きい。

 村田氏は1970~1980年代にロッテのエースとして活躍し、多くの人に鮮烈な印象を残した。

 同時代にパのライバル球団・南海で主軸を張った門田博光氏は、村田氏の死を悼みながら当時をこう振り返った。

「僕は兆治の球が打てなかった。だから、ライバルとはいえないでしょう。フォークの威力もさることながら、あのマサカリ投法に、打者はどのタイミングで始動すればいいかわからない。もっといえば、兆治はバッターにフォークの握りが見えるようにして、次に投げると“宣言”するわけです。それでも打てない。これはバッターとしてはこたえましたね。フォークを完璧にとらえたのは、1回ぐらいしかなかったと思います」

 村田氏のキャリアのハイライトといえば、トミー・ジョン手術からの復活だろう。

 1982年に右ヒジを故障。「肘にメスを入れるのはタブー」とされた時代だったが、翌年に手術を受ける。2年間のブランクを経た1985年には開幕11連勝を含む17勝(5敗)を記録。日曜ごとに先発する“サンデー兆治”として見事に復活した。

 生前の村田氏は本誌の取材に、ヒジの故障で投げられなかった3年間で「何度も野球を諦めかけた」と明かしていた。

「戦列を離脱し、何十もの病院を回った。しかし、痛みの原因はわからなかった。病院だけでなく、整体、ハリ、電気など、ありとあらゆる方法を試みたが、回復の兆しさえ見られなかった」

 そう振り返った村田氏は、他の部位の腱を肘に移植するトミー・ジョン手術を考案したジョーブ博士と話し、手術を受けることを決意。手術が成功した後、つらいリハビリの日々を乗り越えられたのは「もう一度マウンドに立ちたいという気持ちだけだった」と振り返っていた。

「ただマウンドに立つだけでは意味がないから、勝たないといけない。“先発完投”するんだという気持ちしかなかった。投げられない間は、山道を40キロ走っていました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト