スポーツ

逸ノ城のおかみ暴行疑惑 問題視されていた過度の飲酒「生ビール大ジョッキ30杯」

逸ノ城の酒量は半端ではないという(時事通信フォト)

逸ノ城の酒量は半端ではないという(時事通信フォト)

 大相撲九州場所のウラで、前代未聞のトラブルが起きている。7月の名古屋場所で初優勝を果たした逸ノ城(前頭2枚目)と師匠である湊親方(元前頭・湊富士)の確執が深まり、会話すら通じない異常事態に陥っているのだ。徹底取材で真相に迫った。【全3回の第1回】

生ビール大ジョッキ30杯

 九州場所直前にスポーツ紙を賑わせたのは、土俵上の話題ではなかった。

〈逸ノ城、おかみに暴行疑惑〉(11月11日付、サンケイスポーツ)
〈逸ノ城と湊親方 修復不可能〉(同12日付、日刊スポーツ)

 酒に酔った逸ノ城が、湊部屋のおかみさんに暴力を振るった疑惑などが、相次いで報じられたのだ。

 今年7月に新入幕から47場所で初優勝を遂げたモンゴル出身の逸ノ城は、190cm・212kgの巨体。その逸ノ城の暴力となれば、かつて立浪部屋(当時)のおかみさんを突き飛ばすなどして廃業に追い込まれた横綱・双羽黒の例さえ想起される。

 場所が始まっても、逸ノ城は問題について何も語らない。一体、何が起きているのか──湊部屋後援会幹部が取材に応じた。

「逸ノ城がおかみさんに暴力を振るったと報じられていますが、これは最近の話ではないんです」

 後援会幹部は、コロナ前に街を自由に飲み歩けた頃の話だと証言する。

「逸ノ城は酒が強いが、飲み始めたら止まらない。酩酊して暴言を吐いたり、暴力を振るったりする。一人で飲みに行かせられないので、おかみさんが部屋のある川口市内のお店などに一緒に行っていた。いわば監視役です。

 200kgの巨体が酔い潰れたら動かせませんから、意識があるうちにタクシーに押し込んで連れ帰る。そうした時に暴れておかみさんを突き飛ばしたり、腕を掴んだりして、アザができることがしょっちゅうあった。シラフで暴れた双羽黒の例と違って、問題は酒なんです」

 とにかく逸ノ城の酒量は半端ではないという。

「生ビールを大ジョッキで30杯は軽く飲む。自分の前に空のジョッキを積み上げるのが好きで、店員が“ジョッキが足りないので下げさせてください”と頼みにくるくらい。生ビールの後はウイスキー。それほど強いのに酔い潰れるまで飲んでしまうんです」(同前)

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト