芸能

田中圭「バチクソダサい」と言われた私服のスウェット、超高級品だった

田中圭

居酒屋から出てきた田中圭

 11月中旬の都内の繁華街。居酒屋から出てきて、たばこ休憩を取っているのは、人気俳優の田中圭(38才)。酔いも回って立ち続けているのが辛かったのか。ちょうど収まりのいいブロックに上って、しゃがむとスマホをポチポチ。こんな子供っぽさやヤンチャさも人気の一因なのだろう。

「酒癖の悪さは自他共に認めるところですが、それで人気を落とすことは一向にありません。母性本能をくすぐる草食系男性を演じる機会が多いのと、バラエティー番組での気さくな笑顔とマッチョな男らしい素顔が好評なのです」とは、あるテレビ局関係者だ。

 ファッションも気取っていないところが好印象。この夜に着用していたのは、超地味な無地のベージュ色のスウェット。舞台出演帰りの夕食だっただけに、楽な恰好でいたかったのかと思いきや、私服はほとんどスウェットなのだという。本人は以前のレギュラー番組「ぐるぐるナインティナイン『グルメチキンレース・ゴチになります!』」の中で、「基本私服は9割がスウェット。襟付きの服は1、2着しかない」と告白していた。

 また、別のトーク番組では、偏差値70超えの私立進学校に通学していたころから、級友たちに「ダボダボの服ばかり着ていて『バチクソダサい』とイジられてました」とも明かしている。ファッションセンスに関しては今も昔も変わらないと本人が明かしている。

 それでも、多くのタレントを担当するあるスタイリストは「なめちゃいけません。圭さんが着ているスウェットの中には高級品も少なくない。特に彼が好きだというブランドは品質が良く、高いものだとパーカーだけで2万5000円近くします」と解説する。むしろ、若者たちの間では、憧れのファッションアイテムなのだ。

 こんなさりげないおしゃれ、親近感が多くの30~40代の女性にはどストライクで、ひと際大きな支持を得ている。

 デビューは22年前の16才とキャリアは長いが、ブレークまでには長い時間がかかった苦労人だ。ようやく注目され始めたのは、4年前の深夜放送の連続ドラマ『おっさんずラブ』の主演から。男性から好かれる頼りない男を好演したことで、一気に人気に火がついた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン