ライフ

【オバ記者が病床に伏して考えたこと・第3回】手術の前後で変わった保険金への執着

「卵巣がんの疑い」で手術を受けたのは10月上旬。その前日、落ち着かない気持ちを鎮めようと病室(下)で自撮りした

「卵巣がんの疑い」で手術を受けたのは10月上旬。その前日、落ち着かない気持ちを鎮めようと病室(下)で自撮りした

「やってみなければわからない」が口癖の女性セブンの名物ライター“オバ記者”こと野原広子さんだが、やってみたくないこともある。その筆頭が病気だ。オバ記者が体調に異変を感じたのは、昨年8月。下腹部が膨らみ、重度の倦怠感や尿漏れに悩まされ続けたが、約1年間放っておいた。この夏、意を決して検査を受けたところ、「卵巣がんの疑い」と告げられ、一も二もなく入院、手術。そこで見たこと、感じたこととは。【第3回。第1回から読む

 * * *
「卵巣がんの疑い」と告知された私は、何でもいいから“希望”のかけらが欲しい。それですぐに思いついたのが、がん保険だ。

 私の母方の祖母は、40才になるかならないかで、子宮がんで亡くなっている。それで私も40代後半のとき、乳房に小さなしこりを指先に感じたのをきっかけに、がん保険に入ったの。

 で、「卵巣が12cmに腫れている」と診断されてすぐに保険会社に電話をしたら、「境界悪性」という言葉があることを知ったの。

 医学的には、「境界悪性」は「良性」と「悪性」の間に位置づけられる腫瘍で、その定義や診断基準はさまざまに分かれるらしいんだけど、保険業界的にはキッチリと白黒が分かれるんだって。

 すなわち、「悪性」なら(卵巣がんなら)掛けていた保険がおりるんだけど(私の場合、その額、ウン百万円!)、「境界悪性」だと入院保険の数万円だけだという。

「医学界で『境界悪性』は、『良性』や『悪性』と同じく、がんの教科書に載っています」と担当医はおっしゃったけれど、保険業界ではがんと認めていないわけ。

 まったく、貧すれば鈍するというのかしら。大金が転がり込んでくるかもと妄想に取りつかれた私は入院当初、「できれば後々面倒にならない程度にがんになって……」なんて、図々しく不謹慎なことを思っていたの。

 だけど、それも手術までのこと。担当医の底抜けの笑顔に触れたら、もう保険金なんかどうでもよくなったし、それに、体に痛いところがあると、お金のことは思い浮かびもしない。ついでに言えば、世の中のことも、個人的な悩みの数々もどうでもよくなるのよね。きっとこれは私だけじゃなくてみんなそうだと思う。

 卵巣の場合、「境界悪性」といってもそれは条件つきの診断なんだという。手術中に病巣を切り取って「迅速病理検査」にかけ、その結果、がん細胞が見つかれば、リンパを切り取るなどの手術をするかどうかを決めるのだという。

 私の場合、手術の段階では「がん細胞はなし。かといって良性でもなく境界悪性」と診断されたのだけど、正式な病名がつくのは約3週間かけて精密な病理検査をした結果だと言われた。

 そして、体の痛みが軽くなった術後5日目に、担当医から手術で取り出した卵巣の写真を見せられた。

「卵巣の中は血液まじりの粘液なんですけど、手術の最中に卵巣の壁が破れたので、きれいに洗ったのですが、もしこの中にがん細胞が混じっていたら、最悪、再手術になる可能性もあります」

 手術ですっかり“シャバっ気”が抜けて、「小さながん細胞で大きな保険金」などと考えたことすら忘れていた私は再び身震い。「最悪」も「可能性」も聞きたくない。正式な結果が出るまでの3週間は、手術のことを思い出すまいと思っていても、どこかに不安がつきまとった。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト