ライフ

インフルエンザ、流行なら健康被害大きくなる懸念 2年以上流行なかったことで免疫低下

今冬のインフルエンザ流行はどうなるか(イラスト/斉藤ヨーコ)

今冬のインフルエンザ流行はどうなるか(イラスト/斉藤ヨーコ)

 人間は様々な感染症とともに生きていかなければならない。だからこそ、ウイルスや菌についてもっと知っておきたい──。白鴎大学教授の岡田晴恵氏による週刊ポスト連載『感染るんです』より、2年以上、途絶えていたインフルエンザの流行についてお届けする。

 * * *
 インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染によって起こる急性呼吸器感染症で、感染力が強く、短期間に集中した流行を起こします。コロナ以前までは、北半球では毎年12月から3月の冬季にかけて集中して流行し、南半球では冬季にあたる6月から9月が流行期でした。熱帯地方では通年にわたって患者が発生、亜熱帯では雨期を中心に年2回の流行が認められていました。

 このインフルエンザですがコロナの流行が起こって以来、世界的に流行していなかったのが、今年の5、6月には南半球のオーストラリアで大流行し、その頃から日本でもこの秋から流行るのではと考えられていました。

 そもそもインフルエンザはワクチンがあり、迅速診断キットも普及し、タミフルなどの治療薬があるにもかかわらず、毎年流行を繰り返して、日本だけでも1年間に約3000人もの犠牲者を出してきました。インフルエンザは、毎年少しずつウイルスの姿形を変化(小変異)させて、これまで人が獲得したインフルエンザ免疫をすり抜けて流行を繰り返します。この2年以上、新型コロナのパンデミックの影響でインフルエンザの流行がほとんどないことは、裏を返せばそれは“人類のインフルエンザに対する免疫が低下している”ということでもあります。ひとたび流行が発生すれば、その規模と健康被害が大きくなることが想定されます。

 インフルエンザは1、2日の潜伏期の後に突然の高熱で発症し、頭痛、筋肉痛・関節痛、倦怠感などの症状を出して、その後、喉の痛みや腫れなどの呼吸器症状が出てきます。通常は数日寝込んで、1週間程度で回復しますが、高齢者、小児、乳幼児、妊婦やさまざまな基礎疾患をもっている方は重症化しやすく要注意です。

 インフルエンザにともなう肺炎では、ウイルスによるインフルエンザ肺炎とインフルエンザの感染の後に続発して起こる細菌性肺炎、およびこれらの混合型肺炎があります。とくに高齢者では、高熱などの症状が目立たないままに肺にウイルスがひろがり、また誤嚥が起こりやすくなって重篤な肺炎となることがあります。一方、小児では肺炎、気管支炎などの合併症に加えて中耳炎を起こしやすく、気管支喘息を誘発することやインフルエンザ脳症の報告もあります。今年は初めてインフルエンザに感染する小さい子どもも多く、小児科の医療逼迫が心配されます。

 インフルエンザではタミフルなどの抗インフルエンザ薬を感染初期(48時間以内)に使用することで症状緩和などが見込まれます。同様の症状のインフルエンザとコロナの同時流行となるので、早期の受診・検査、早期治療開始が重要です。この冬、基礎疾患のない中学生から64歳までの人は発症しても自己検査やオンライン診療が基本とされています。不安ですね。

【プロフィール】
岡田晴恵(おかだ・はるえ)/共立薬科大学大学院を修了後、順天堂大学にて医学博士を取得。国立感染症研究所などを経て、現在は白鴎大学教授。専門は感染免疫学、公衆衛生学。

※週刊ポスト2022年12月2日号

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト