ライフ

俳優・升毅が振る舞うインパクト大の「チンジャオロースー」はビールもすすむ

ステーキ肉で作る贅沢な一皿「ダイナミック チンジャオロースー」

ごちそう感たっぷりでビールにも合う升毅オリジナルのチンジャオロースー

 料理好きの俳優・升毅は、自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める「居酒屋」を月2回ほど開催しているという。その升が、ダイナミックでごちそう感たっぷりなチンジャオロースーを振る舞ってくれた。

「おなじみのチンジャオロースーを『ますや』流に一工夫して、ごちそう感たっぷりの一皿に。具材を大ぶりに切るため、見た目のインパクトも十分です。ポイントはたけのこの代わりに使うれんこん。繊維に沿って縦に切ることで、シャキシャキとした歯応えを楽しめます。オイスターソースや豆板醤を使った中華風の味つけでビールがすすみます」(升)

 以下、升のオリジナルレシピを、紹介する。

ステーキ肉で作る贅沢な一皿「ダイナミック チンジャオロースー」

■材料(2~3人分)
牛ランプ肉(ステーキ用)…1枚(約250g)
れんこん…350g
ピーマン…3コ
ごま油…大さじ1+小さじ1
A[塩…1つまみ、こしょう…適宜、鶏ガラスープの素…小さじ1]
B[酒…大さじ2、みりん…大さじ1、オイスターソース…大さじ2、豆板醤…小さじ1、しょうゆ…小さじ1]

■作り方
(1)れんこんは5cm程の長さに切って皮をむき、縦に1.5cm角の拍子木切りにして水にさらす。
(2)ピーマンは縦4等分にしてヘタと種をとる。
(3)牛肉は1.5cm幅に切る。
(4)フライパンにごま油大さじ1を熱し、水気を切った(1)を中火で炒める。火が通ったら(2)を加えて炒め、[A]を順番に加える。
(5)(4)の野菜を端に寄せてごま油小さじ1を入れ、(3)を炒める。
(6)牛肉に焼き目がついたら[B]を順番に加えて炒める。
(7)しょうゆで味を調えて完成。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ、東京都出身。主演ドラマ『旧車探して、地元めし』が映画チャンネルNECOで放送中。BS松竹東急 土曜ドラマ『お父さん、私、この人と結婚します!』が放送中。

■YouTubeで升毅の料理動画公開中(https://youtu.be/a_Dw-2mBOrM)

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2022年12月2日号

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト