ライフ

82歳の糖尿病専門医、健康の秘訣は趣味の「尺八」年5回はステージで演奏

糖尿病専門医で公立病院勤務の松山辰男氏

糖尿病専門医で公立病院勤務の松山辰男氏

 精神科医の和田秀樹氏が書いた『80歳の壁』がベストセラーになっているが、健康寿命を延ばすためには何を心がければ良いか─それを知る“生き証人”が80歳を越えた今も現役で活躍する医師たちだ。糖尿病専門医で公立病院勤務の松山辰男氏(82)は、健康の秘訣は“呼吸”だと語る──。

 * * *
 82歳になった今も、週5日は公立の病院にフルタイムで勤務し、休みは土日だけです。勤務日のうち週4日は裏方の検査に関わる仕事をし、1日は担当してきた患者さんを継続して診ています。

 健康のために「これは絶対!」と続けたことはありませんが、結果的によかったと思える習慣はあります。

 まず、私は幼い頃から病弱で、小学校は7年通いました。自分の体は丈夫ではないとわかっていたので、無理をしないようにしてきました。

 タバコも吸わず、お酒も嗜む程度で、必要以上に身体を鍛えることもなく、ハードな負荷をかけなかった。仕事は12時間勤務が続くなど大変な面はありましたが、自分の身体に対する傲慢さや油断はなかったですね。仕事以外では無茶をしないよう生きてきました。

 あとは、学生時代に始めた趣味の尺八を60年以上続けています。今も年に4~5回はステージで吹く機会があります。瞬間的に息を吸い、ゆっくり吐き続けることで音を出す尺八は、ヨガの呼吸管理に近いようです。この呼吸を意識した活動が、健康に寄与したのかもしれません。

 最近は年相応に人の名前が出てこなかったりしますが、生活に困るほどではない。趣味の尺八を通して人と関わることが、認知機能の維持にも一役買っているようです。

 実は30年ほど前、就職したばかりの長男が事故で亡くなりました。以来、毎朝仏壇でお経をあげていますが、そうして声を出すことが口の運動になっていると思います。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト