国内

特殊詐欺で得たカネで開かれたラーメン屋や高齢者施設の末路

2015年、特殊詐欺グループのアジトから押収された名簿や固定電話など。摘発や逮捕に至った特殊詐欺犯は、氷山の一角(イメージ、時事通信フォト)

2015年、特殊詐欺グループのアジトから押収された名簿や固定電話など。摘発や逮捕に至った特殊詐欺犯は、氷山の一角(イメージ、時事通信フォト)

 特殊詐欺の被害額はピークの2014年時点で500億円超だが、ほとんどが被害者に弁済されることなく、この世のどこかへ消えている。その金は、いったい何に使われていったのか。ライターの森鷹久氏が、犯罪収益の使い道についてレポートする。

 * * *
 いわゆるオレオレ詐欺に代表される「特殊詐欺」の認知件数や被害額は、平成終盤をピークに右肩下がりの傾向にある一方で、依然として年間一万件以上の事案が報告されている。テレビニュースや新聞等では、特殊詐欺犯人が検挙されたと毎日のように報じているが、実は逮捕されるのは特殊詐欺に手を染めた大多数のうちの、ごく一握りだ。では、法で裁かれないまま特殊詐欺の世界から離れた人たちは、法で裁かれずとも反省して自分を律して生きているのかといえば、「更生」とはそんなに簡単なことではないらしい。真面目に生きて仕事をしているふりをしながら、平然と給付金や協力金を詐取するという反社会的行為をして、再び逃げおおせようとしている。

「ああ、詐欺ラーメンね」

 千葉県内の繁華街──次々にお客さんが入っていくラーメン店を眺めながら、現在は土木作業員として働く男性・トヨミ氏(仮名・40代)は苦笑交じりに言った。視線の先にあるラーメン店の経営者は、逮捕こそされなかったが、特殊詐欺グループを率いていたことで知られた男なのだと明かす。トヨミ氏は、以前の仕事や遊び仲間たちとの繋がりから、羽振りがよかった彼が何を生業にしているのかを知ることになった。

「ラーメン店店主は元々地元の暴走族で半グレ。10人ぐらいのグループでリフォーム詐欺やオレオレ詐欺をやって、相当儲かったと聞きました。彼が駒として使っていた受け子は何人かパクられましたが、リーダー格だった彼まで捜査の手が及ぶことはなく、5年ほど前に詐欺からは一切手を引き、飲食をやると言ってたそうですよ」(トヨミ氏)

 現在40代とみられるラーメン店店主は、30代の頃に詐欺で荒稼ぎし、地元暴力団などにも「上納金」を納め、反社組織とも友好関係を築いていた。好調に稼いでいたので、しばらく詐欺を生業にするものだと思われていたが、周囲で逮捕者が続出すると、逃げ出すように足を洗った。その後、現在のラーメン店を開いたのだが、その開店資金となったのはもちろん、詐欺で得られた金だと言われている。一見すると、真面目になったふりをしているようにも見えたが、男を信用してはならないと、トヨミ氏と親しい人たちは見ていた。

「以前、過去を知るチンピラが恐喝したそうなんですが、もう今は一般人だからと開き直り、警察に逃げ込んだ。逮捕されてないだけの詐欺師のくせに、その件をSNSで公開していて被害者だと強調していて呆れましたよ。しかも、詐欺をやっていた過去は”ウソ”と触れ回っているようです」(トヨミ氏)

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト