スポーツ

正捕手・嶺井博希がFA流出のDeNA 今季2位も「暗黒時代に逆戻り」懸念の指摘が

番長も頭が痛い?(時事通信フォト)

番長も頭が痛い?(時事通信フォト)

 DeNAにとっては大きな痛手だ。正捕手の嶺井博希が国内FA権を行使し、ソフトバンクに移籍することが決まった。嶺井は球団公式ホームページを通じ、「野球人としてここまで携わって頂いた多くの方々のおかげで、FA権を取得できたと思っています。この9年間で多くのことを経験させていただき、今後の野球人生も更に挑戦したい気持ちが強くなり移籍を決断いたしました」と綴った。

 正捕手流出という事態を招いたDeNA。スポーツ紙デスクはこう危惧する。

「嶺井は残留するという見方が多かったんです。球団に愛着があり、チームメイトの人望も厚かった。一本立ちするのに少し時間がかかったが、首脳陣は来年も正捕手として計算していたことは間違いない。このまま実績を積み重ねれば、セ・リーグを代表する捕手になる可能性があった。ソフトバンクに移籍しても正捕手の甲斐拓也がいるので、2番手の捕手という位置づけでしょう。高校、大学の先輩の東浜巨が在籍し、新たな環境で挑戦したいという気持ちが高まったのかもしれないが……。DeNAにとっては大きな戦力ダウンです。暗黒時代に逆戻りの危機と言っても大げさではない」

 今季は自己最多の93試合に出場し、打率.205、5本塁打、30打点をマーク。絶対的レギュラーだったかというとそうではない。だが、チームトップの74試合で先発マスクをかぶり、打撃も勝負強さを発揮して貢献度が高かった。

 他球団のスコアラーは、嶺井についてこう分析する。

「配球が独特なんですよ。『このピンチで内角に突っ込むか』というところで、どんどん投げ込ませる。研究熱心なのでしょう。打者をよく見ているなと感じさせられるリードが多かった。本拠地が狭い横浜スタジアムだと、1発を食らわないリードが定石ですが、嶺井は攻撃的なリードをする。DeNAの投手陣の能力が引き上げられたのは、間違いなく嶺井の功績でしょう」

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン