芸能

紅白の隠し球は松任谷由実の “夫婦共演” か 矢沢永吉、チューリップ、安全地帯はどうなる

ユーミンは”夫婦共演”か

ユーミンは”夫婦共演”か

 NHKホールで3年ぶりに有観客で開催される『第73回NHK紅白歌合戦』。すでに発表された出場者に大きなサプライズはなかったが、水面下では現在も大物アーティストとの交渉が続いているという。視聴率低迷で打ち切り説もささやかれる中、挽回を図るNHKの“隠し球”は──。

“初出場”の可能性が高まっているのが、今年デビュー50周年で現在、ラストツアーを行っているチューリップ。NHKは今年、大腸がんが判明したリーダーの財津和夫(74才)のドキュメンタリー番組を放送している。

 同じく出場濃厚とみられている“大物”が、今年、デビュー50周年の矢沢永吉(73才)だ。

「今年6月に『ニュースウオッチ9』(NHK)でロングインタビューが放送されたことも大きな後押しになっています。リハーサルをほとんど行わず、ぶっつけ本番が矢沢さんのやり方。10年前の40周年のときに出場した際、本番で何度か歌詞を間違えたものの『矢沢、ステージで作詞してたもんね』とYAZAWA節で乗り切りました」(前出・放送記者)

 その矢沢と、今年のツアーで“初共演”を果たしたB’zの2人は今年も不出場が濃厚。「年末年始は完全にオフ」(音楽関係者)とのこと。

 2019年に50周年記念ツアーを行って以来、表舞台から姿を消しているのは井上陽水(74才)だが、かつて陽水のバックを務めた安全地帯の出場は確実視されている。

「今年はデビュー40周年。玉置浩二さん(64才)はいまも精力的にツアーをこなし、安全地帯としても冬にコンサートを行います。本来、今年の紅白の目玉として発表するはずが、事前に報道が出てしまったことにNHKはカンカンだったとか」(音楽関係者)

矢沢の出場はあるか

矢沢の出場はあるか

 過去に「おせちを作るので」という理由で出場を断ったことが語り草になっているのが松任谷由実(68才)。

「これまで紅白には5回出場し、桑田佳祐さんとの“キス”が大きな話題になった2018年からは3年連続で出ています。7月にデビュー50周年を迎え、10月にもNHKの歌番組『SONGS』に出演したばかり。昨年コーラスでアルバムに参加した松任谷正隆さんとの “夫婦共演” にも注目が集まります」(レコード会社関係者)

 本番まで残り約1か月。紅白の担当者はいまも曲者だらけの大物たちと、粘り強く交渉を続けている。

※女性セブン2022年12月8日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン